新幹線のトピックス

  • 新神戸駅1番線で可動式ホーム使用開始

    新神戸駅1番線(広島・博多方面、下りホーム)で、新しいホーム柵の使用が開始されることが発表されました。

  • 新水俣まで、トンネル内携帯電話通信サービス開始

    九州新幹線の新八代~新水俣間の一部区間(2018/11/01に整備完了した区間の鹿児島中央側、12トンネル約22.0km)において、携帯電話の通話環境が改善されます。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)の携帯電話による音声通話とデータ通信が、07/16(火)の始発列車から可能になることが発表されました。これらの会社の電波を利用するMVNOの通信機器でも通信ができるようになります。

  • 消費税改定に伴う運賃・料金の変更について

    10/01から消費税率が8%から10%に変更されることに伴い、新幹線の運賃・特急料金も変更されます。たとえば、税別100円のものは、税率8%のときは税込108円、10%なら110円。108円のものが110円に値上げされるときの改定率は1.852%ですが、今回の運賃等の改定率も同じく1.852%になります。

  • 「九州ファミリーネット早特7」期間限定で販売

    7日前までの予約で九州新幹線やJR九州の在来線特急列車がお得に利用できる「九州ファミリーネット早特7」が期間限定で販売されます。このきっぷの割引の条件は、「大人」と「こども」のきっぷを同時に購入・利用すること。たとえば、博多~熊本間は「大人1名・こども1名」なら通常7,690円(大人5,130円、こども2,560円)のところ、3,350円(大人2,350円、こども1,000円)。2名分で4,340円お得(約56.4%オフ)です。

  • 東海道新幹線車内販売にマンゴーアイス登場

    東海道新幹線の車内販売で、07/04(木)からアイスクリームの新フレーバー「マンゴーアイスクリーム」が発売されます。