新幹線のトピックス

  • 2018年11月の当サイトのご利用状況

    当サイト「新幹線時刻表」の11月のご利用状況は、ユーザー数8万人、訪問数10万回、ページビュー28万回となりました。訪問数ベースで、PCからのご利用は25.8%、モバイル端末が63.6%、タブレット端末は10.6%でした。いつも「新幹線時刻表」をご利用いただき、ありがとうございます。

  • 2019年「元日九州初旅きっぷ」、間もなく発売

    2019年の元日にJR九州全線(九州新幹線、在来線特急を含む)が乗り放題になる「元日九州初旅ネットきっぷ」(以下「初旅ネットきっぷ」)と「元日九州初旅きっぷ」(初旅きっぷ)が今年も販売されます。「初旅ネットきっぷ」はJR九州インターネット列車予約で販売されるきっぷで、駅窓口等で購入できるのが「初旅きっぷ」です。2018年の元日分は12,000円で販売されたきっぷですが、今回はオンラインの「初旅ネットきっぷ」が12,000円、駅窓口等の「初旅きっぷ」が13,000で販売されます。

  • ドクターイエロー、2018年12月の運転日予報

    毎月恒例の「ドクターイエローの運転日予報」、今回は2018年12月分。ドクターイエローによる「のぞみ検測」の実施日を、過去の検測日の日付や曜日の偏りをもとに推測し、予報を作成します。なお、この記事において作成した“予報”は、一連の計算による推定値です。ドクターイエローの運転日を確約するものではありませんのでご注意ください。

  • 「九州ファミリーネット早特7」期間限定で販売

    7日前までの予約で九州新幹線やJR九州の在来線特急列車がお得に利用できる「九州ファミリーネット早特7」が期間限定で販売されます。このきっぷの割引の条件は、「大人」と「こども」のきっぷを同時に購入・利用すること。たとえば、博多~熊本間は「大人1名・こども1名」なら通常7,690円(大人5,130円、こども2,560円)のところ、3,350円(大人2,350円、こども1,000円)。2名分で4,340円お得(約56.4%オフ)です。

  • JR西日本の2019年版元旦乗り放題きっぷ発売

    JR西日本全線と智頭急行線全線、JR西日本宮島フェリーが2019年の元日(01/01)限定で乗り降り自由な「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2019」が発売されます。山陽新幹線(新大阪~博多間)や北陸新幹線(金沢~上越妙高)、在来線の特急も利用可能。旅行中に普通車指定席を6回(6列車)利用できる「普通車用」の他、グリーン車(または普通車指定席)を6回(6列車)利用できる「グリーン車用」も設定されています。