新幹線のトピックス

  • 運転本数から見る、2019-20年末年始の新幹線混雑予測

    まだ少し気が早いかもしれませんが、それでも年末年始の計画を考えたい時期になってきました。毎繁忙期恒例の「運転本数から見る」シリーズ、今回は年末年始期間(2019/12/27~2020/01/05)とその前後数日について列車の運転本数から混雑が見込まれる日程を導き出してみます。

  • 姫路~小倉・博多間に「バリューひかり早特21」発売

    山陽新幹線の4本の「ひかり」限定で、姫路~小倉・博多間の移動がお得になる「バリューひかり早特21」が販売されています。対象は新大阪発博多行きの「ひかり583」(新大阪 09:14 → 博多 11:47)の姫路~小倉・博多間と、「ひかり580」(博多 07:39 → 新大阪 10:24)、「ひかり584」(博多 13:47 → 新大阪 16:24)、「ひかり586」(博多 14:38 → 新大阪 17:24)の博多・小倉~姫時間。いずれも臨時列車のため、ご利用には列車の運転日に注意が必要です。

  • 2019年冬の「ファミリー車両」111本運転

    年末年始も、東海道新幹線の「のぞみ」に「ファミリー車両」が設定されます。「ファミリー車両」は、16両編成の「のぞみ」のうち1両をお子さま連れ専用車両として設定するもので、おとな1名以上と小学生以下のお子さま1名のグループで乗車が可能です。小さなお子さまが泣いても喚いても、あまり気兼ねする必要のない「ファミリー車両」。JR東海ツアーズの旅行商品として販売中で、申し込みは乗車日の4日前まで。小さなお子さまとのご旅行に、どうぞ。

  • ドクターイエロー、2019年11月の運転日予報

    毎月恒例の「ドクターイエローの運転日予報」、今回は2019年11月分。ドクターイエローによる「のぞみ検測」の実施日を、過去の検測日の日付や曜日の偏りをもとに推測し、予報を作成します。なお、この記事において作成した“予報”は、一連の計算による推定値です。ドクターイエローの運転日を確約するものではありませんのでご注意ください。

  • 2019年冬の臨時列車の運転概要

    JR各社から、冬(2019/12/01~2020/02/29、91日間)の臨時列車の運転予定が発表されました。平日の朝夕や週末、年末年始期間を中心に、多数の臨時列車が運転されるそうです。