九州新幹線川内駅の手前まで、トンネル内携帯電話通信サービス開始

この記事は約605ヶ月前に作成されました。
photo by MichaelGaida

九州新幹線の新水俣~出水間と出水~川内間の一部区間(出水駅の先およそ15km付近まで)において、携帯電話の通話環境が改善されます。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)の携帯電話による音声通話とデータ通信が、10/31(木)の始発列車から可能になることが発表されました。これらの会社の電波を利用するMVNOの通信機器でも通信ができるようになります。

鹿児島中央までの残るトンネル区間でも現在同様の工事を実施中だそうです。