特大荷物置場の設置と事前予約制の導入

この記事は約604ヶ月前に作成されました。
photo by KUNSAN AIR BASE

東海道・山陽・九州新幹線では、2020年5月中旬以降の乗車分から、車内に一定以上の大きさの荷物を持ち込む際は指定席の購入に合わせて荷物置き場の事前予約をすることが必要になります。

事前予約の対象となる荷物は、3辺の合計が160cm~250cmの荷物(以下、特大荷物)。(250cmを超える大型の荷物は、「手回り品及び持ち込み禁制品」の規則により車内への持ち込みが認められていません。)参考まで、ANA(国際線)の場合、無料で預け入れることのできる荷物は3辺の合計が158cm以内のもの。つまり、飛行機に乗るのに手数料がかかってしまうくらいの大きな荷物が今回の事前予約制の対象となる「特大荷物」に該当すると考えてよさそうです。

飛行機で機内持ち込み可能な荷物(ANA国際線の場合3辺115cmまで)と無料で預け入れが可能なサイズ(同158cm)は、いずれも新幹線の荷物棚に収納できるサイズであることから、今後も事前予約をすることなく車内へ持ち込むことができます。

特大荷物置場は、「荷物スペース」と「荷物コーナー」として設置される予定です。「荷物スペース」は、車両の一番うしろの席の背もたれの後ろ側のスペース。「荷物コーナー」は、デッキにある一部の洗面所を転用することにより設置されます。「荷物スペース」は2020年5月から、「荷物コーナー」は2023年度から使用が開始される予定です。

この荷物置場を事前予約するには、ネット予約サービス、券売機、きっぷうりばで特定の指定席を事前予約する必要があります。この際、荷物置場の事前予約に対する追加料金はかかりません。事前予約をしないで特大荷物を車内へ持ち込む場合には、ネット予約サービス、券売機、きっぷうりばで予約内容を変更して荷物置場の確保を行うことが必要です。ここでも追加料金は不要です。この変更もせずに特大荷物を車内に持ち込んだ場合は、持込手数料(税込1,000円)を徴収されることとなります。