福山駅北口と南口の愛称名が決定

この記事は約6ヶ月前に作成されました。
photo by 663highland

福山駅の北口と南口について、福山市が推進している「福山城築城400年関連事業」とのコラボレーションにより愛称名が設定されることになりました。愛称名は今年1~2月に公募され、選考の結果、北口が「福山城口」、南口が「ばら公園口」にこのほど決定しました。

「福山城口」(北口)は、福山の観光名所である福山城に通じる出入口であることから。福山城へのアクセスがより分かりやすくなることを狙っての選考結果。一方の「ばら公園口」(南口)は、福山市の市の花でえある「ばら」が楽しめる観光名所ばら公園への通じる出入口であることから、ばら公園へのアクセスがより分かりやすくなることを狙っての選考結果となりました。

今回決定された愛称名は、案内表示などの改修を含め、今年夏頃から使用開始の予定です。なお、駅構内の案内表示では、愛称名「福山城口」「ばら公園口」と正式名称「北口」「南口」が併記されるそうです。