上賀茂神社での「都のかなで」、今年も開催

photo by Tookapic

京都の世界文化遺産“上賀茂神社”で毎年行われている恒例のコンサート「都のかなで」が、今年も10/12(土)に開催されます。今回も、15:00からの第1部と18:15からの第2部の各回についてペア500組1,000名、あわせて1,000組2,000名が招待されます。

コンサートでは、モーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」より第1楽章、クライスラーの「レチタティーヴォとスケルツォ・カプリス」、マスネの「タイスの瞑想曲」、ピエルネの「自由な変奏と終曲」などが演奏されるそうです。

会場となる上賀茂神社は京都駅からバスで約30分。第1部(開場13:30、開演15:00、終演16:15予定)なら終演後の新幹線でその日のうちに東海道・山陽・九州新幹線の各駅へ戻ることができます(京都駅17:15として試算)。第2部(開場16:45、開演18:15、終演19:30予定)の終演後は、京都駅に20:30時までに戻れたとしても、東海道・山陽・九州新幹線の一部の駅へは当日の新幹線で戻ることができません。特に遠方からご参加の方はご注意ください。

気候の良い10月初旬の土曜に開催されるこのコンサート。新幹線を利用して京都へ向かい、夕方のコンサートを楽しんだ後は現地で一泊、翌日ものんびり京都観光を楽しんでから新幹線で帰路につくのが正しい楽しみ方なのかもしれません。

応募の受付は、ウェブまたははがきで、06/07(金)まで。

「都のかなで」の概要

イベント名称:
「都のかなで」
公演日時:
2019/10/12(土)
  • 第1部 15:00~16:15(開場 13:30)
  • 第2部 18:15~19:30(開場 17:15)
公演会場:
賀茂別雷神社(上賀茂神社) 「細殿(ほそどの)」
アクセス:
京都駅から市バス30分、「上賀茂神社」もしくは「上賀茂御薗橋」下車、徒歩5分
出演者:
瀬﨑明日香 (ヴァイオリン)
加藤えりな (ヴァイオリン)
杉田恵理 (ヴィオラ)
門脇大樹 (チェロ)
瀬尾和紀 (フルート)
篠崎和子 (ハープ)
主な曲目:
モーツァルトの「フルート四重奏曲ニ長調K.285より第一楽章」
エルガー「愛の挨拶」
クライスラー「テンポ・ディ・メヌエット」 ほか
招待数:
各回500組(1,000名)、合計1,000組(2,000名)
応募締切:
2019/06/07(金)
応募フォーム:
「都のかなで」公式サイトでご確認ください