花火大会で九州新幹線「つばめ」を増発

この記事は約4ヶ月前に作成されました。
photo by pxhere

九州新幹線の沿線で行われる2つの花火大会に合わせて、当日のお帰りに便利な臨時「つばめ」が運転されます。

ひとつは08/05(日)の19:40から開催される久留米市の「第359回 筑後川花火大会」。約90分間に1万1000発を打ち上げる花火大会で、会場は久留米市の筑後川水天宮下河川敷対岸と篠山城跡下河川敷対岸。久留米駅からは徒歩10分だそうです。花火大会が終了するのは、21:10。10分間余韻に浸って、夜風に吹かれながらのんびり駅まで15分(通常の1.5倍)。21:35頃には久留米駅に戻れる計算です。

ホームに上って20分ほど待つと、博多行きの臨時「つばめ360」(久留米 21:58 → 博多 22:16、N700系車両8両編成・普通車全車自由席)の発車時刻です。さらに14分後には、同じく臨時「つばめ362」(久留米 22:12 → 博多 22:29、800系車両6両編成・全車自由席)が発車します。通常ダイヤでは、21:31発の「さくら458」の後は22:25発の「つばめ348」まで、およそ54分間列車のない時間帯でした。ここに2本野臨時列車が運転されることによって、筑後川花火大会から博多方面へのお帰りの利便性が格段に向上します。なお、1本目の臨時列車「つばめ360」は、博多で新下関行きの最終「こだま858」(博多 22:20 → 新下関 22:48)に接続します。

もうひとつが08/16(木)に開催される薩摩川内市の「第60回記念 川内川花火大会」。約80分間に1万1000発を打ち上げる花火大会で、会場は薩摩川内市の川内川太平橋下流河川敷。川内駅から徒歩15分だそうです。花火大会が終了するのは、21:20。10分間余韻に浸って、夜風に吹かれながらのんびり駅まで23分(通常の1.5倍)。21:53頃には川内駅に戻れる計算です。

ホームに上ってしばらくすると、鹿児島中央行きの臨時「つばめ361」(川内 22:00 → 鹿児島中央 22:12、N700系車両8両編成・普通車全車自由席)の発車時刻です。通常ダイヤでは21:15発の「さくら567」から22:15発の「さくら569」まで、60分間列車のない時間帯。ここに臨時「つばめ361」が運転されることで、川内川花火大会から鹿児島中央方面へのお帰りの利便性が向上します。

これらの臨時列車は、花火大会の当日のみ運転。雨天等で花火大会が中止の場合には運休になることもなります。ご注意ください。