「平成30年7月豪雨」に伴う新幹線代替輸送、8月分

この記事は約4ヶ月前に作成されました。
photo by Cy Speed

「平成30年7月豪雨」によって、中国地方の在来線では引き続き多くの区間で運転を見合わせています。山陽本線と呉線の三原~海田市間、山陽本線の柳井~徳山間、岩徳線の全線での運転見合わせのため、三原~広島間と新岩国~徳山間で山陽新幹線による代替輸送が行われています。このうち、三原~広島間を含む区間では、朝夕に臨時「こだま」の運転や東広島への「ひかり」の臨時停車などの措置が、8月も引き続き実施されることが発表されました。

8月中の臨時列車等の運転は、以下の通り。

山陽新幹線の臨時列車等運転情報

東広島始発の臨時「こだま773」を運転
臨時「こだま773」(東広島 06:43 → 広島 06:54)
※08/01~03・06~10・20~24・27~31に運転
※16両編成普通車自由席
「こだま721」の東広島~広島間の運転時刻を変更
「こだま721」(岡山 06:10 → 東広島 07:00 → 広島 07:11)
※通常ダイヤ(ご参考)
※8両編成
「こだま721」(岡山 06:10 → 東広島 07:04 → 広島 07:14)
※特別ダイヤ(08/01~31)
※16両編成普通車自由席
岡山~広島間で臨時「こだま775」を運転
臨時「こだま775」(岡山 06:21 → 広島 07:29)
※08/01~31運転
※8両編成全車自由席
「ひかり441」が東広島に臨時停車
「ひかり441」(新大阪 06:03 → 東広島 <通過> → 広島 07:50 → 博多 09:23)
※通常ダイヤ(ご参考)
「ひかり441」(新大阪 06:03 → 東広島 07:42 → 広島 07:52 → 博多 09:23)
※特別ダイヤ(08/01~31)
広島~岡山間で臨時「こだま770」を運転
臨時「こだま770」(広島 17:38 → 岡山 18:49)
※08/01~31に運転
※07/23~31に運転された「こだま770」とは運転時刻が一部異なります。 ※16両編成普通車自由席