2018年夏の臨時列車の運転概要

この記事は約5ヶ月前に作成されました。
photo by tabi-o-ji.com

JR各社から、春(2018/07/01~09/30、92日間)の臨時列車の運転予定が発表されました。この季節も、需要見込みに応じて多数の臨時列車が運転されるようです。

特に東海道新幹線では、「のぞみ10本ダイヤ」(多く時間帯で1時間あたり定期・臨時合わせて10本の「のぞみ」を運転可能なダイヤ)を活用し、利用が集中する時期・時間帯に多くの臨時列車が設定されます。期間中、東海道新幹線の1日あたりの運転本数は379本(92日間で34,847本、前年比102%)。お盆期間(2018/08/09~08/19、11日間)は、1日あたりの運転本数が420本(11日間で4,622本、前年比102%)となる予定です。

また、06/30から山陽新幹線で運転される特別な500系車両「ハローキティ新幹線」は、以下の日程で運転される予定です。

「ハローキティ新幹線」の運転日
06月:30
07月:01~17・21~31
08月:01~07・11~31
09月:01・02・06~25・29・30

この夏も、どうぞよい旅を。