山陽新幹線「ハローキティ新幹線」、06/30から運転開始

この記事は約5ヶ月前に作成されました。
photo by JR西日本

06/30(土)から、山陽新幹線で「ハローキティ新幹線」が運転されます。これは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにした「500 TYPE EVA」(05/13に運転終了)に続く、特別な500系車両。「こだま730」(博多 06:40 → 新大阪 11:13)、「こだま741」(新大阪 11:29 → 博多 15:38)として、毎日1往復運転される予定です。(※当該列車が別の車両で運転される日があります。)

車両の構成は「500 TYPE EVA」とほぼ同じ。1号車が座席のない特別車両で、2号車がハローキティ仕様の自由席車両、3~8号車は通常の車両です。

このうち、1号車は「HELLO! PLAZA」として、西日本の各地域を期間限定で紹介するスペースに充てられます。限定グッズや地域の特産品が購入できるショップスペース等が設けられ、当面の間は、7~9月に開催される「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて鳥取県と島根県のおすすめイベントやおすすめスポットが紹介されるそうです。10月頃からは「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」が開催される山口県がテーマに取り上げられるとのこと。なお、1号車「HELLO! PLAZA」は入退場自由。事前の申し込み等は不要です。

「ハローキティ新幹線」の車両が充当される「こだま730」と「こだま741」は定期列車。乗車にあたって特別な手続きはなく、通常のきっぷの購入で利用できます。