山陽新幹線で「ハローキティ新幹線」がこの夏デビュー

photo by ハローキティー新幹線

山陽新幹線で、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレーションが行われます。山陽新幹線のコラボレーション企画といえば、05/13まで運転されているエヴァンゲリオン新幹線。これに引き続くかたちで、この夏から、ピンク色の500系車両が運転されることが発表されました。ハローキティが案内人となり、西日本の地域活性化をめざして、期間限定で西日本の地域をピックアップして魅力を発信していくそうです。

ピンク色の500系車両の名称は、「ハローキティ新幹線」。エヴァンゲリオン新幹線こと「500 TYPE EVA」がそうであったように、8両編成のうち1号車と2号車が、いわゆるイベント会場としての特別な車両になるようです。プレスリリースによれば、1号車は「いろんな地域の魅力と触れ合える特別なお部屋」、2号車は「ハローキティの世界観でおしゃれにかわいく飾りつけます」とのこと。1号車で、期間限定で紹介される西日本の地域の最初は「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催される鳥取県と島根県です。

なお、外装で目につくリボンは、「『つなぐ』『結ぶ』という思いが詰まったリボンをモチーフにしたデザイン」なのだそうです。運転開始時期や列車のスケジュール等、詳細については追って発表される見込みです。