東海道・山陽・九州新幹線のトピックス

東海道・山陽・九州新幹線のトピックス

東海道新幹線の最近のトピックス

20140204_mandheling-coffee.jpg picture by Michael Sauers

東海道新幹線の車内販売で、ホットコーヒーの銘柄が変更されています。02/01(土)から期間限定で提供されているのは、濃厚なコクとやわらかな苦味、独特のスパイシーな香りが特徴の「マンデリン タイガーマウンテンコーヒー」。良質なマンデリンコーヒーの産地として知られるインドネシアのスマトラ島北部「リントン地区」の中でも、特に限られた生産者グループによる厳選コーヒー豆のみを使用しているそうです。

販売価格は通常と変わらず300円。およそ1ヶ月間、期間限定で提供される予定です。

コーヒーの売上の一部は、2000年に設立された「スマトラ・タイガー基金」を通じて、絶滅が危惧されているスマトラ・タイガー(スマトラトラ)の保護活動に役立てられるとのこと。

また、02/13(木)以降は、コーヒーを購入するとチョコレートのプレゼントがあるそうです。チョコレートは「なくなり次第終了」とのこと。バレンタインデーを過ぎてもだらだらと配布し続けるほどの数量は用意していないことが見込まれます。ちょっとした運試しのつもりでどうぞ。

At the in-car sales on Tokaido Shinkansen trains, special coffee is now available. It is Mandheling Tiger Mountain Coffee, having a rich body with faintly bitterness and characteristic spicy flavor, that is served for a limited time from February 1. For this coffee, specially grown and selected beans from Lintong, a region known as fine Mandheling coffee producing in the northern part of Sumatra Island, are used.

The price is JPY 300, same as usual. It has been served for only around a month.

JR Central Passengers said that a portion of the sales will be donated the Sumatran Tiger Conservation Foundation, established in 2000, to support the conservation work of endangered Sumatran tiger.

After February 13, coffee purchaser will get a chocolate. According to the release, the chocolate will have been presented until the stock runs out. It is hard to imagine that they distribute chocolate forever after Valentine's Day, the stock isn't estimated to be so much. Try your luck at getting chocolate.

詳細:ジェイアール東海パッセンジャーズ - 「マンデリン タイガーマウンテンコーヒー」発売開始! (2014/02/01)

20140201_eastbound-kodama-overtaken.jpg picture by Paul Allais

東京~新大阪間を直通する下り「こだま」の所要時間が、3月のダイヤ改正で「のぞみ」等の通過待ち増加のために、現行の3時間54分から10分伸びて4時間04分になります。上り「こだま」についても同様に、所要時間が現行の3時間54分から10分伸びて4時間04分になります。

前回同様、現状で入手可能な時刻表データ等をもとに、上り「こだま」の退避パタンを整理してみます。

各駅で後続列車の通過待ちを行う上り「こだま」

東京に毎時47分に到着する新大阪発の「こだま」は、現在、新大阪~名古屋間(所要時間1時間06分)で2本の「のぞみ」に抜かれます。名古屋~東京間(2時間47分)では10本の「のぞみ」と2本の「ひかり」に道を譲ります。ダイヤ改正後は、新大阪~名古屋間で退避する「のぞみ」が2本増加し所要時間が1時間11分に、名古屋~東京間では退避する「のぞみ」が1本増えて所要時間が2時間51分となります。

具体的には、現在、毎時53分に新大阪を出発する東京行きの「こだま」(東京着毎時47分)は、米原で後続の2本の「のぞみ」(新大阪発56分、00分)の通過待ちを行います。ダイヤ改正後、この「こだま」は新大阪の発車時刻を10分繰り上げて毎時43分発(東京着は変わらず毎時47分)とし、米原で後続の2本の「のぞみ」(新大阪発46分、50分)に抜かれ、更に、岐阜羽島でも後に続く2本の「のぞみ」(新大阪発56分、00分)の通過待ちを行います。

名古屋から先、三河安城で10分発「のぞみ」、豊橋で17分発「のぞみ」と20分発「のぞみ」の通過待ちを行います。浜松では新大阪27分発の「のぞみ」に加えて、後続の「ひかり」が豊橋を通過する列車であれば、停車時間を延長して先に行かせます。「ひかり」が豊橋に停車する列車の場合は、一つ先の掛川で通過待ちを行います。次の静岡では37分発「のぞみ」を退避。

この後、新富士で47分発「のぞみ」と50分発「のぞみ」、三島で56分発「のぞみ」と00分発「のぞみ」、小田原では10分発「のぞみ」とその30分前に新大阪を出ている40分発「ひかり」に道を譲ります。

ダイヤ改正後の名古屋から先は、三河安城での退避は解消。豊橋で10分発「のぞみ」と13分発「のぞみ」、浜松で20分発「のぞみ」と23分発「のぞみ」の通過待ちを行います。掛川では30分発「のぞみ」、静岡では37分発「のぞみ」の退避を行いますが、この間に走っている新大阪16分発の「ひかり」が豊橋を通過する場合は掛川で、豊橋に停車する場合は静岡での通過待ちとなります。

この後、新富士で46分発「のぞみ」と50分発「のぞみ」、三島で56分発「のぞみ」と00分発「のぞみ」、小田原では10分発「のぞみ」とその30分前に新大阪を出ている40分発「ひかり」に道を譲ります。このパタンは、ダイヤ改正前と同一です。これにより、「のぞみ」の退避が計3本分増加し、所要時間が10分伸びることになりました。

下り「こだま」と同様の調整

下り「こだま」と同様、結果的に所要時間は増加していますが、名古屋~東京間では新大阪を87分後に出発する10分発「のぞみ」まで追い抜かれ、次の13分発「のぞみ」には追い抜かれないこと等、下り「こだま」と同様の調整が行われたました。デメリットを最小限に抑えた「10分間の調整」が、上り「こだま」でも行われたと言うことができそうです。

Due to passed by more trains, after March 15, Kodama trains departing Tokyo at xx:47 for Shin-Osaka travel for 10 minutes longer. In the same manner, eastbound Kodama trains will be slowed down by ten minutes.

Here is the organized eastbound Kodama train's overtaken schedule with Shinkansen train service schedule data which is now available.

eastbound Kodama, passed by many following trains

The Kodama train bound for Tokyo, arriving Tokyo at xx:47, travels from Shin-Osaka to Nagoya for 1 hour 6 minutes and is passed by two Nozomi trains. After leaving Nagoya, the Kodama travels for 2 hours 47 minutes to Tokyo and is now passed by ten Nozomi and two Hikari trains. After this March, it will be passed by more three Nozomi trains and the travel time will totally get ten minutes longer.

Specifically, the Kodama trains departing Shin-Osaka at xx:53 is overtaken at Maibara by following two Nozomi trains of departing xx:56 and xx:00. On the new schedule, this Kodama train leaves Shin-Osaka at xx:43, ten minutes earlier than at present, and will be passed at Maibara by following two Nozomi trains of departing xx:46 and xx:50. Additionally, it will be overtaken by xx:56 Nozomi and xx:00 Nozomi at Gifu-Hashima.

After leaving Nagoya, the Kodama train is passed by xx:10 Nozomi at Mikawa-Anjo, xx:17 and xx:20 Nozomi trains at Toyohashi. At Hamamatsu, it is passed by xx:27 Nozomi and if the following Hikari doesn't stop at Toyohashi, the Hikari overtakes here. The Hikari stops at Toyohashi, it passes the Kodama at Kakegawa. At Shizuoka, the Kodama train is passed by xx:37 Nozomi.

Then, the Kodama is passed by xx:47 and xx:50 Nozomi at Shin-Fuji, xx:56 and xx:00 Nozomi at Mishima, xx:10 Nozomi and xx:40 Hikari, leaving Shin-Osaka by 30 minutes prior to the xx:10 Nozomi, at Odawara.

After this March, no train will overtake the Kodama from Shin-Osaka at Mikawa-Anjo. The Kodama will be passed by xx:10 and xx:13 Nozomi at Toyohashi, xx:20 and xx:23 Nozomi at Hamamatsu. It is passed by xx:30 Nozomi at Kakegawa and xx:37 Nozomi at Shizuoka. If the Hikari train, sandwiched between these two Nozomi trains, doesn't stop at Toyohashi, the Hikari passes the Kodama at Kakegawa, otherwise at Shizuoka.

Then, as is the schedule of today, the Kodama train will be passed by xx:46 and xx:50 Nozomi trains at Shin-Fuji, xx:56 and xx:00 Nozomi at Mishima, xx:10 Nozomi and xx:40 Hikari, leaving Shin-Osaka by 30 minutes prior to the xx:10 Nozomi, at Odawara. Thus the number of the Kodama overtaking Nozomi trains will be increased by three and the Kodama train's travel time will bet ten minutes longer than at present.

Adjustments similar to westbound Kodama

Similar to the westbound Kodama trains, in terms of results, this eastbound Kodama train's travel time will get long. But it may also be an almost miraculous schedule regulation in a manner similar to the westbound one, such as the Kodama will be passed xx:10 Nozomi and will not be passed following xx:13 Nozomi as same at present.

詳細:JR東海 - 平成26年3月ダイヤ改正について (2013/12/20)

関連記事:芸術的に10分遅くなるこだま (2014/01/29)地味にスゴい、のぞみ10本化 (2014/01/26)2014春のダイヤ改正情報発表 (2013/12/30)

20140129_kodama-takes-more-10min.jpg picture by yui.kubo

3月のダイヤ改正に関連し、東海道新幹線の「のぞみ10本ダイヤ」に関する記事で、名古屋~新大阪間の各駅に停車する「ひかり」の所要時間短縮について紹介しました。「ひかり」や「のぞみ」がスピードアップする裏で、東京~新大阪間の所要時間が10分伸びている「こだま」がありました。

現在、東京発毎時56分の「こだま」は、東京~新大阪間を3時間54分かけて結んでいます。同じ区間の大部分の「のぞみ」に比べて所要時間が1時間21分長く、途中で最大12本の「のぞみ」と2本の「ひかり」に抜かされます。

3月のダイヤ改正により「のぞみ10本ダイヤ」が導入されることに伴い、東京~新大阪間の「こだま」についても時刻の見直しが行われ、東京~新大阪間の所要時間が10分伸びることになりました。以下、現状で入手可能な時刻表データ等をもとに、56分発「こだま」の退避パタンを整理してみます。

各駅で後続列車に抜かされる「こだま」

東京駅を毎時56分に発車する新大阪行きの「こだま」は、現在(ダイヤ改正前)、東京~名古屋間(現行所要時間1時間47分)で10本の「のぞみ」と2本の「ひかり」に抜かれるところ、ダイヤ改正後は11本の「のぞみ」と2本の「ひかり」に抜かれるようになり、所要時間は4分長くなります。名古屋~新大阪間(現行所要時間1時間05分)では、2本の「のぞみ」に抜かれていたところ、所要時間を6分長くして4本の「のぞみ」に道を譲ります。

具体的には、毎時56分に東京を発車した「こだま」の4分後に出発する00分発の「のぞみ」と03分発の「ひかり」を小田原で退避。続く10分発「のぞみ」と13分発「のぞみ」を三島、20分発「のぞみ」と23分発「のぞみ」を新富士で退避。ここまではダイヤ改正の前後で変更ありません。

次の静岡では「こだま」の停車時間を2分伸ばして、現在30分発「のぞみ」だけの退避としているところ、後続の33分発「ひかり」も先に行かせるようです。次の掛川では40分発の「のぞみ」の退避を行いますが、前述の33分発「ひかり」が小田原停車だった場合は、掛川での退避となります。

47分発「のぞみ」と50分発「のぞみ」について、現在は豊橋で通過待ちを行っています。しかし、静岡での停車時間延長などによって「こだま」が逃げきれなくなるため、通過待ちを浜松に繰り上げます。新設の53分発「のぞみ」と後続の00分発「のぞみ」は豊橋での待ち合わせとして、三河安城での通過待ちは解消されます。

名古屋から先は、現在米原で退避を行っている10分発「のぞみ」と13分発「のぞみ」を岐阜羽島で先に行かせ、更に米原で20分発「のぞみ」と23分発「のぞみ」の通過待ち合わせを行います。これにより、「のぞみ」の退避が計3本分増加し、所要時間が10分伸びることになりました。

10分遅く走っても影響は最小限

結果的には所要時間が増加してはいますが、東京~名古屋間では64分後に東京を出る00分発「のぞみ」まで追い抜かれ、次の10分発「のぞみ」には追い抜かれないこと、岐阜羽島での停車時間は伸びるものの名古屋~岐阜羽島間、岐阜羽島~米原以西の所要時間にほぼ変更のないこと、名古屋~京都・新大阪間は「のぞみ」の利用が可能なことなどを考えると、基本的には従来の追い抜きパタンを踏襲することでデメリットを最小限に抑えた、芸術的なレベルでの「10分間の調整」と言うこともできそうです。

In the previous article about "Ten Nozomi Schedule" of Tokaido Shinkansen, I mentioned the speed-up of Hikari train which stops every station between Nagoya and Shin-Osaka. Behind the reduction of travel time of Hikari and Nozomi trains, some Kodama train was slowed down by ten minutes between Tokyo and Shin-Osaka.

Now, Kodama train departing Tokyo at xx:56 travels to Shin-Osaka for 3 hours 54 minutes. It is 1 hour 21 minutes longer than the usual Nozomi trains, and this Kodama is passed by up to 12 Nozomi and two Hikari trains.

With the introduction of "Ten Nozomi Schedule" in this March, the travel schedules of Kodama between Tokyo and Shin-Osaka were revised. Here is the organized Kodama train's overtaken schedules with Shinkansen train service schedule data which is now available.

Kodama train passed by many following trains

The Kodama train bound for Shin-Osaka, leaving Tokyo at xx:56, travels from Tokyo to Nagoya for 1 hour 47 minutes and is passed by ten Nozomi and two Hikari trains. After this March, it will be passed by eleven Nozomi and two Hikari trains. The travel time will be four minutes longer than before. After leaving Nagoya, the Hikari is now passed by two Nozomi trains but it will be done by four Nozomi trains after this March. The travel time will get six minutes longer.

Specifically, the Kodama trains departing Tokyo at xx:56 is overtaken at Odawara by following Nozomi of departing at xx:00 and Hikari of xx:03. The coming xx:10 Nzomi and xx:13 Nozomi pass the Kodama train at Mishima, and the xx:20 Nozomi and xx:23 Nozomi pass the train at Shin-Fuji. These are the same as going.

At Shizuoka, the Kodama train is passed by xx:30 Nozomi now. According to the new schedule, Kodama will stop for two more minutes and additionally following xx:33 Hikari will also overtake here. At Kakegawa, the train will be passed by xx:40 Nozomi. If the xx:33 Hikari stops Odawara, the Hikari will not overtake Kodama at Shizuoka but Kakegawa.

Now xx:47 Nozomi and xx:50 Nozomi pass the Kodama at Toyohashi. On the new schedule, the Kodama cannot take a lead to Toyohashi because it stops at Shizuoka longer, those Nozomi train will pass the Kodama at Hamamatsu. The new xx:53 Nozomi and following xx:00 Nozomi will pass the Kodama at Toyohashi, and no train passed the Kodama at Mikawa-Anjo.

After leaving Nagoya, now the Kodama is passed by xx:10 Nozomi and xx:13 Nozomi. These passage will be changed to Gifu-Hashima, and additionally xx:20 Nozomi and xx:23 Nozomi will newly pass the Kodama at Maibara. Thus the number of the Kodama overtaking Nozomi trains will be increased three and the Kodama train's travel time will get ten minutes longer than at present.

minimized negative impact of slowing down

In terms of results, the Kodama train's travel time will get long. But it may be an almost miraculous schedule regulation, because before arriving Naogya, the Kodama will be passed xx:00 Nozomi which departs 64 minutes after the Kodama and will not be passed following xx:10 Nozomi as same at present, even if it stops for longer at Gifu-Hashima, the travel time between Nagoya - Gifu-Hashima / Gifu-Hashima - Maibara are pretty much the same as going, and passengers can take Nozomi trains between Nagoya and Kyoto, etc.

詳細:JR東海 - 平成26年3月ダイヤ改正について (2013/12/20)

関連記事:地味にスゴい、のぞみ10本化 (2014/01/26)2014春のダイヤ改正情報発表 (2013/12/30)

20140126_tokaido-10th-nozomi.jpg picture by 椎野まこと

3月のダイヤ改正から、東海道新幹線では本格的に「のぞみ10本ダイヤ」が導入されます。これを可能にしたのが、名古屋~新大阪間の各駅に停車する「ひかり」へのN700系投入でした。いずれも、12月の段階でJR東海からプレスリリースがされていましたが、このたび改正後のダイヤが公表され詳細について確認ができましたので、あらためて「のぞみ10本ダイヤ」と「N700系ひかり」の関係をまとめてみました。

実は、「のぞみ」が足踏みをしていた

結論から申し上げると、「ひかり」にN700系を投入することで所要時間の短縮を行い、後続の「のぞみ」の足踏みを解消したことで、10本目の「のぞみ」を運転する時間的な隙間を確保することが可能になったものです。

詳細を見てみましょう。

後続「のぞみ」からのギリギリの逃げ切り

現在(ダイヤ改正前)、東京を毎時33分に発車する「ひかり」は、名古屋を発車した後、岐阜羽島、米原、京都、新大阪の順に停車します。この列車の後ろを、東京発40分、47分、50分の3本の「のぞみ」が追いかけています。東京の段階では、3本の「のぞみ」は「ひかり」の7分後、14分後、17分後を追いかけるかたちですが、名古屋では4分後、9分後、11分後にまで間を詰めてきます。

名古屋の次の岐阜羽島で、3本の「のぞみ」のうちの最初の1本を先に通します。その次の米原には「ひかり」は6分間停車し、残り2本の「のぞみ」に道を譲ります。こうして、京都には「ひかり」の16分前、6分前、3分前に「のぞみ」を到着させ、東京を出発した1時間57分後に新大阪駅に到着します。東京駅を「ひかり」の27分後に発車する毎時00分の「のぞみ」が新大阪に到着する3分前、ギリギリの逃げ切りです。

N700系化による所要時間短縮と増発

ダイヤ改正後、東京を毎時33分に発車する「ひかり」を追うのは、同じく、40分、47分、50分発の3本の「のぞみ」です。「ひかり」はダイヤ改正前と同様に、岐阜羽島で1本、米原で2本の「のぞみ」に道を譲ります。この列車に曲線区間の通過性能や加速性能の高いN700系を投入投入することで東京~岐阜羽島間で2分、東京~米原間では3分の所要時間短縮が可能になるため、後続の3本の「のぞみ」に抜かれた後でも従来より3分早く新大阪に到着することができます。東京発毎時00分の「のぞみ」よりも7分早い新大阪到着です。

そうすると、この「ひかり」と00分「のぞみ」の間にもう1本の「のぞみ」を走らせる事が可能になります。これが東京を毎時53分に発車する10本目の「のぞみ」の正体です。

このようにして、名古屋~新大阪間の各駅に停車する「ひかり」にN700系を投入することで後続の「のぞみ」の足踏みを解消し、「のぞみ」1本の増発が可能になったのです。

2015年春には最高速度引き上げの見通し

現在、JR東海は東海道新幹線の最高速度の引き上げに向けた研究を進めています。早ければ来年春のダイヤ改正から速度向上が実現する見通しだそうです。

たった1本の「ひかり」を見直すだけで、後続3本の「のぞみ」のスピードアップと、さらに1本の「のぞみ」増発が可能になった東海道新幹線。最高速度の引き上げでダイヤがどうなるのか、まだまだ先の話題ながら、いまから非常に楽しみです。

On Tokaido Shinkansen, "Ten Nozomi Schedule" will start in this March. It is enabled by allotting the Series N700 cars to Hikari trains which stop every station between Nagoya and Shin-Osaka. Though these were already announced by JR Central last December, I compiled anew the mechanism of "Ten Nozomi" and "N700 Hikari" with available detailed data of Shinkansen train service after this March.

As a matter of fact, Nozomi are waiting.

The bottom line is this. By using Series N700, the Hikari trains can shorten their travel time. It removes the sluggish travel of the following Nozomi trains. Then that sets aside enough time to put the 10th Nozomi train within an hour.

Here are the details.

Narrow escaping from following Nozomi

Now, before "Ten Nozomi Schedule", Hikari train departing Tokyo at xx:33 stops Gifu-Hashima, Maibara, Kyoto and Shin-Osaka, after Nagoya. The three Nozomi trains departing Tokyo at xx:40, xx:47 and xx:50 follow this Hikari. These Nozomi trains depart Tokyo 7, 14 and 17 minutes behind the Hikari, and arrive at Nagoya 4, 9 and 11 minutes behind.

At Gifu-Hashima, the next station of Nagoya, the first of these three Nozomi goes ahead. At Maibara, the next of Gifu-Hashima, Hikari stops for six minutes and waits for the following two Nozomi to pass. Then Nozomi trains arrive at Kyoto 16, 6 and 3 minutes prior to the Hikari train, and Hikari train reaches Shin-Osaka after one hour and 57 minutes travel from Tokyo. It is just only three minutes before arriving of Nozomi leaving Tokyo at xx:00.

Using Series N700 makes increase train service.

After March 15, the three Nozomi trains departing Tokyo at xx:40, xx:47 and xx:50 follow the Hikari train of xx:33. This Hikari stops for one Nozomi at Gifu-Hashima and for the other two at Maibara same as before. But this Hikari service are replaced to Series N700 cars with enhanced performance of curve passage and acceleration, it enables to shorten travel time by two minutes between Tokyo and Gifu-Hashima and three minutes between Tokyo and Maibara. So the Hikari can arrive three minutes earlier than before ever after passed by following three Nozomi trains. The arriving time is seven minutes prior to next Nozomi, leaving Tokyo at xx:00.

Thus, one more Nozomi train can be set right before this xx:00 Nozomi. This is the xx:53 Nozomi.

In short, with using Series N700 cars to Hikari which stops every station between Nagoya and Shin-Osaka, the following Nozomi trains travel faster and that sets aside time to put on more Nozomi.

Top speed may be improved in the spring of 2015.

JR Central is now preparing for improving highest velocity on Tokaido Shinkansen. They said it will be achieved in next spring at the earliest.

On Tokaido Shinkansen, a revising of one Hikari schedule makes speed-up of following three Nozomi trains and enables to set one more Nozomi train. What will be brought to the Shinkansen service schedule by the top speed improvement? Though it is one more year from now, I am looking forward to see that.

詳細:JR東海 - 平成26年3月ダイヤ改正について (2013/12/20)

関連記事:2014春のダイヤ改正情報発表 (2013/12/30)

20140123_comtrac-versionup.jpg picture by Deval Patrick

東海道・山陽新幹線の運転管理システム「COMTRAC」(コムトラック;COMputer aided TRaffic Control system)がバージョンアップ。1日あたりの最大列車本数が拡大するとともに、ターミナル駅でのポイント切り替え時間が短縮されました。

COMTRACは山陽新幹線新大阪~岡山間が改行した1972年に導入された運転管理システム。当初はポイントの切り替えなどを自動で行うシステムでしたが、機能が順次拡張され、現在は「進路制御系システム」「運行表示系システム」「情報処理系システム」の3つの系統システムにより新幹線の運行に関する情報の管理や機器の制御を総合的に行うシステムに成長しました。

01/12には従来の第8世代から第9世代に切り替えを実施。新しいCOMTRACの導入によって、1日に設定できる最大列車本数も1,800本から3,000本に拡大し、需要に応じた弾力的な列車設定が可能となりました。また、ターミナル駅でのポイントの切り替え時間を従来システムに対して約4秒短縮することで、トラブルにより乱れたダイヤの回復を早めることが可能になるそうです。

JR Central said that they replaced COMTRAC (COMputer aided TRaffic Control system) with its new generation. The new system can handle more trains than before and switch the route faster.

COMTRAC is a centralized traffic control system of Tokaido and Sanyo Shinkansen. It was introduced in 1972, when Sanyo Shinkansen was opened between Shin-Osaka and Okayama. At first, it was a simple computer system as a route controller. Through a function enhancement for several decades, COMTRAC has grown to manage information and facilities concerning to the Shinkansen train operation with three main systems of PRC (Programmed Route Control), MAP (Man-Machine Advanced Processor) and EDP (Electronic Data Processing Computer).

On January 12, the eighth-generation COMTRAC was replaced with the ninth-generation one. The new system can handle 3,000 trains a day (1,700 before) to enable flexible train operation with demand. And it can switch the route about four seconds faster than before. It is expected that this new COMTRAC will shorten recovery from the disruption of train services.

詳細:JR東海 - 【社長会見】東海道・山陽新幹線運転管理システム取替工事の完了について (2013/12/19)

20140114_system-usage-1312.jpg picture by Stefanos Kofopoulos

JR各社から、年末年始の新幹線の利用状況が発表されました。01/03には東京都内で発生した沿線火災の影響により一部の列車に運休や遅延が生じましたが、9連休となる日並びの良さや好天に恵まれたこともあり、全体としては新幹線の利用状況は概ね好調、前年を上回る利用がありました。

2013/12/27~2014/01/05の期間中の利用者は、東海道新幹線が3,501千人(前年比107%)、山陽新幹線が1,788千人(同109%)、九州新幹線が326千人(同107%)。下りのピークは、山陽新幹線が12/29(日)、東海道新幹線と九州新幹線が12/30(月)。上りのピークは各線とも01/04(土)だったそうです。

沿線火災に見舞われた東海道新幹線では、翌日の01/04(土)の上り利用人員が296千人に達し、前年のピーク(2013/01/03 247千人)と比べても120%の混雑となりました。この日、東京口では201本の上り列車が運転されましたので、早朝から深夜まで平均して1列車あたりの乗客は1,475名。各列車の定員は1,323名ですから、列車ごとに平均152名の方が立ったまま移動された計算になります。時間帯や列車によって、これより多くの方が乗車されたケースもあったかと思います。混雑時のご移動、お疲れさまでした。

さて。当サイト「新幹線時刻表」は、この年末年始期間中、139千人の方に194千回ご訪問いただき、ページビューは674千回になりました。また、12月の1ヶ月間ではユーザー数314千人、訪問数454千回、ページビュー1,647千回となりました。PCからのご利用は35.3%、モバイル端末が60.1%、タブレット端末は4.6%でした。いつも「新幹線時刻表」をご利用いただき、ありがとうございます。

年末年始期間の新幹線のご利用状況
  • 東海道新幹線(小田原近辺):3,501千人(前年比106%)
    ※小田原~静岡間の「のぞみ」「ひかり」と新横浜~小田原間の「こだま」の合計
  • 山陽新幹線(新大阪~西明石間):1,788千人(前年比109%)
  • 山陽新幹線(岡山~広島間):1,345千人(前年比110%)
  • 山陽新幹線(広島~新山口間):983千人(前年比111%)
  • 山陽新幹線(小倉~博多間):726千人(前年比112%)
  • 九州新幹線(博多~熊本間):326千人(前年比107%)
  • 九州新幹線(熊本~鹿児島中央間):177千人(前年比107%)
2013年12月度当サイトのご利用状況
  • ユーザ数:314,816
  • 訪問数:454,051
  • ページビュー:1,647,357

JR companies reported the usage conditions during the winter holidays. Due to the fire disaster in Tokyo on January 3, train services were partially disrupted. But the transportation usage was on a strong note and exceeded the last year's passenger volume, because of a good calendar for long holidays and actual fine weather.

During the period from December 27, 2013 to January 5, 2014, 3,501 thousand passengers traveled by Tokaido Shinkansen (107% over the previous year), 1,788 thousand by Sanyo Shinkansen (109%) and 326 thousand by Kyushu Shinkansen (107%). The peak of westbound crowding of Tokaido Shinkansen and Kyushu Shinkansen was on December 30, and of Sanyo Shinkansen was on December 29. The peak of eastbound crowding was on January 4.

JR Central said that 296 thousand passengers traveled by Tokaido Shinkansen on January 4, the next day of the fire accident. That was up 20% compared with the peak day in the last winter holidays. 201 trains for Tokyo were in service on that day, one train carried 1,475 persons on average. Because every 16-car set has 1,323 seats, 152 passengers a train traveled standing up by simple arithmetic. More passengers got in some train. Many passengers must be made exhausted by traveling in crowded period.

During this winter holidays, this site "Shinkansen Timetable" was visited 194 thousand times by 139 thousand users. The page view was 674 thousand times. In December, 314 thousand user visited 454 thousand times, and the page view was 1,647 thousand. The 35.3% of users accessed through PC, 60.1% through mobile, 4.6% through tablet. Thank you for using this site "Shinkansen Timetable".

Passenger Volumes of Shinkansen During winter Holidays
  • Tokaido Shinkansen (around Odawara): 3,501 thousand passengers (106% of the previous year)
    *Nozomi and Hikari on Odawara - Shizuoka, and kodama on Shin-Yokohama - Odawara.
  • Sanyo Shinkansen (Shin-Osaka - Nishi-Akashi): 1,788 thousand passengers (109% of the previous year)
  • Sanyo Shinkansen (Okayama - Hiroshima): 1,345 thousand passengers (110% of the previous year)
  • Sanyo Shinkansen (Hiroshima - Shin-Yamaguchi): 983 thousand passengers (111% of the previous year)
  • Sanyo Shinkansen (Kokura - Hakata): 726 thousand passengers (112% of the previous year)
  • Kyushu Shinkansen (Hakata - Kumamoto): 326 thousand passengers (107% of the previous year)
  • Kyushu Shinkansen (Kumamoto - Kagoshima-Chuo): 177 thousand passengers (107% of the previous year)
System Usage of December, 2013
  • Unique Visitors: 314,816
  • Visits: 454,051
  • Pageviews: 1,647,357

詳細:JR東海 - 平成25年度年末年始期間のご利用状況 (2014/01/06)JR西日本 - 平成25年度年末年始期間のご利用状況 (2014/01/06)JR九州 - 年末年始期間中のお客さまのご利用について (2014/01/06)

関連記事:速報、年末年始の予約状況 (2013/12/21)

20140111_tokaido-incarsales-winefair.jpg picture by Vincent Noel

東海道新幹線の車内販売で、恒例のワインフェアが実施されています。このワインフェアは、ワインとおつまみ品を車内販売で購入するとお得なセット価格が適用されるもので、期間は01/31(金)まで。

ワインはふだんも車内販売で販売されているオーストラリア産「ストーンサークル 赤/白」(187ml)。ニューサウスウェールズ州の温暖な気候に育まれたブドウを原料に、フランスの伝統的な技法にこだわるカセグレイン社が作り出すワインです。割引対象となるおつまみ品は、「おつまみセレクション」(ワインとのセットで50円引き、セット価格800円)、「ナッツ&チーズ」(同30円引き、700円)、「ビーフジャーキー」(同20円引き、700円)の3点だそうです。

The regular "Wine Fair" of Tokaido Shinkansen in-car sales is now taken place. This fair, until January 31, offers wine and snacks at a discount price.

The wine is "Stone Circle" from Australia, which is regularly sold in Shinkansen trains. This wine is produced by Cassegrain with upholding traditional French technique, from grapes nurtured in temperate climate of New South Wales. With this, "Otsumami Selection" is purchasable at JPY 800, a "Nuts and Cheese" and "Beef Jerky" are at JPY 700.

詳細:ジェイアール東海パッセンジャーズ - ワインフェアの開催について (2013/11/21)

20130108_vending-machine-removal.jpg picture by Stéfan

東海道・山陽新幹線の16両編成の車両に設置されている自動販売機が、03/15のダイヤ改正に合わせて営業を終了し、撤去されるそうです。

自動販売機が撤去されるのは、N700系(16両編成、自販機2台設置)と700系(16両編成、自販機6台設置)車両。自動販売機があった場所では、今後、新たに無線LAN設備を活用したサービス向上の可能性について実験が行われる予定です。

なお、車内販売のサービスがない東海道新幹線の「こだま」では、自動販売機の撤去後は車内で飲料の購入ができなくなります。ご乗車の前か途中駅での通過待ちの時間に駅売店等を利用することが必要となる点、ご注意ください。

JR Central and JR West announced that the vending machine service in Shinkansen trains of 16-car sets will be no longer available after March 15.

The machine to be removed are in 16-car sets of Series N700 and 700. A set of Series N700 has two and Series 700 has six. The site of vending machines will be used to run experiments for improvement of in-car service with Wi-Fi apparatus.

Now, in Kodama trains, in-car sales are not available. After the vending machines are removed, there is no way to get beverages in such trains. Passengers of Kodama trains will be required to use station kiosks before boarding or within the long stopping to be passed by during the travel.

詳細:JR東海 - 平成26年3月ダイヤ改正について (2013/12/20)JR西日本 - 平成26年春ダイヤ改正について (2013/12/20)

関連記事:2014春のダイヤ改正情報発表 (2013/12/30)

20140102_winter-seat-availability.jpg picture by 椎野まこと

あけましておめでとうございます。ことしも当サイト「新幹線時刻表」をよろしくお願いします。

さて。年始の東海道・山陽・九州新幹線上りの混雑ピークは01/04(土)と予想されています。このピーク日の前後について、当サイト「新幹線時刻表」が独自に普通車指定席の予約状況を調査しました。予約状況は刻々と変化しますが、混雑傾向を把握するためのご参考までお知らせします。

以下のグラフは、6~24時の各時間帯に発車する列車について、予約状況をまとめたものです。横軸が時間帯、縦軸が列車の本数で、青色は空席のある列車、黄色は空席が残りわずかな列車、赤色が満席の列車の数を示します。青色の棒が高い時間帯なら、まだ指定席に余裕がありそうです。

データは、いずれも2014/01/02午前時点のものです。最新の指定席予約状況は、JRサイバーステーション(空席案内)でご確認ください。

上り:新大阪→東京 (東海道新幹線内)
20140102_winter-seat-availabilities_01_ostk.gif

左から、01/03、04、05の予約状況。

上り:博多→新大阪 (山陽新幹線内)
20140102_winter-seat-availabilities_02_hkos.gif

左から、01/03、04、05の予約状況。

上り:鹿児島中央→博多 (九州新幹線内)
20140102_winter-seat-availabilities_03_kchk.gif

左から、01/03、04、05の予約状況。

上り:博多→東京 (東海道・山陽新幹線直通)
20140102_winter-seat-availabilities_04_hktk.gif

左から、01/03、04、05の予約状況。

上り:鹿児島中央→新大阪 (山陽・九州新幹線直通)
20140102_winter-seat-availabilities_05_kcos.gif

左から、01/03、04、05の予約状況。

For this winter holidays returning, JR Central, JR West and JR Kyushu estimated that the peak of crowding will be on January 4. This site Shinkansen Timetable independently surveyed the seat availablility of around the peak day and drawn the charts as below. They maybe of some help to find remained seats.

On the graphs, horizontal axes mean hours of 6 to 24 of each day and vertical the number of trains. The bar of blue shows unoccupied trains, yellow near capacity and red full occupancy. So it may easy to book trains at the hours with stretching blue bar.

The survey was performed at the morning of January 02, 2014. Visit the site of JR Cyber Station and get up-to-the-minute details.

eastbound: from Shin-Osaka to Tokyo by Tokaido Shinkansen
20140102_winter-seat-availabilities_01_ostk.gif

From left, January 3, 4 and 5's seat availablility.

eastbound: from Hakata to Shin-Osaka by Sanyo Shinkansen
20140102_winter-seat-availabilities_02_hkos.gif

From left, January 3, 4 and 5's seat availablility.

eastbound: from Kagoshima-Chuo to Hakata by Kyushu Shinkansen
20140102_winter-seat-availabilities_03_kchk.gif

From left, January 3, 4 and 5's seat availablility.

eastbound: from Hakata to Tokyo by Tokaido and Sanyo's thru service
20140102_winter-seat-availabilities_04_hktk.gif

From left, January 3, 4 and 5's seat availablility.

eastbound: from Kagoshima-Chuo to Shin-Osaka by Sanyo and Kyushu's thru service
20140102_winter-seat-availabilities_05_kcos.gif

From left, January 3, 4 and 5's seat availablility.

詳細:JR東海 - 平成25年度 年末年始期間の指定席予約状況について (2013/12/13)JR西日本 - 年末年始期間の指定席予約状況について (2013/12/13)JR九州 - 今年の年末年始は快適な列車で出かけよう! (2013/12/13)

関連記事:速報、年末年始の予約状況 (2013/12/21)

20131230_train-schedules-from-2014-spring.jpg picture by camknows

来春実施されるダイヤ改正の概要が、JR各社から発表されました。改正日は2014/03/15(土)。東海道新幹線での「のぞみ10本ダイヤ」導入、山陽・九州新幹線の「みずほ」増便、「さくら」の停車パタン見直しの他、各所での所要時間短縮が行われ、新幹線がより便利になりそうです。

ダイヤ改正の主なポイントは以下のとおりです。

東海道新幹線で「のぞみ10本ダイヤ」本格化

東海道新幹線で、1時間あたり最大10本の「のぞみ」をほぼすべての時間帯で運転可能な「のぞみ10本ダイヤ」が導入されます。従来の「のぞみ9本ダイヤ」では、1時間に10本の「のぞみ」を運転できるのは下りの一部時間帯(東京発7・8・17・18・19時台)だけでしたが、改正後は下りが東京発7~20時台、上りが東京着9~21時台で、臨時列車も含めて最大10本の「のぞみ」が運転可能になります。ゴールデンウィークやお盆など混雑する時期に合わせて、多くの臨時「のぞみ」が設定される見込みです。

「みずほ」が増発、姫路にも停車

山陽・九州新幹線を直通する「さくら」1往復を速達タイプの「みずほ」に変更し、「みずほ607号」(新大阪 16:59 → 鹿児島中央 20:49)、「みずほ604号」(鹿児島中央 08:56 → 新大阪 12:44)として運転されます。これにより、「みずほ」は朝3往復・夜3往復の1日合計6往復に。

また、新設される上記1往復の「みずほ」の他、下り初便・上り最終便が新たに姫路に停車。姫路の下り始発列車は9分繰り上がり、上りの最終列車は7分繰り下がります。兵庫県西部から中国・九州方面へのご利用が、さらに便利になります。姫路に停車する「みずほ」は、以下の4本です。

  • みずほ601 姫路発 06:29 (新大阪 06:00 → 鹿児島中央 09:48)
  • みずほ607 姫路発 17:29 (新大阪 16:59 → 鹿児島中央 20:49) ※新設列車
  • みずほ604 姫路着 12:15 (鹿児島中央 08:56 → 新大阪 12:44) ※新設列車
  • みずほ610 姫路着 23:08 (鹿児島中央 19:49 → 新大阪 23:37)
広島発「のぞみ」の概ね20分間隔化

昼間時間帯の広島駅での上り「のぞみ」の発車間隔が、概ね20分間隔に揃えられます。また、主に平日に東京~広島間で運転されている「のぞみ101号」(東京 07:40 → 広島 11:41)と「のぞみ160号」(広島 07:18 → 東京 11:23)が毎日運転になります。

「のぞみ」「さくら」の山陽新幹線内の停車駅見直し

徳山で「のぞみ」、新山口で「さくら」の停車回数が増えます。徳山に停車する「のぞみ」は現行の上下10本を上下15本として5本増加(「さくら」は13本→10本、3本減少)、新山口に停車する「さくら」は現行の上下18本を23本として5本増加(「のぞみ」は28本→23本、5本減少)。徳山からは関西・東京方面、新山口からは九州方面へのご利用が便利になります。

「さくら」の九州新幹線内の停車駅見直し

九州新幹線内で「さくら」の停車駅が見直され、新鳥栖・久留米の両駅にすべての「さくら」が停車するようになります。これにより、ダイヤ改正後の「さくら」の九州新幹線内での停車パタンは、原則として、博多~鹿児島中央間で新鳥栖・久留米・熊本・川内の4駅に停車するタイプと、これらに加えて熊本以南の各駅に停車するタイプの2つに。

また、筑後船小屋・新大牟田・新玉名に停車する「さくら」も時間帯の見直しが行われ、上りが朝2本ずつ、下りが夜1本となります。朝1本目の上り「さくら」と夜の下り「さくら」による日帰りでも、広島で8時間半~10時間半、新大阪で5時間半~7時間半の滞在が可能。朝2本目の上り「さくら」の利用でも、広島で7時間、新大阪で4時間弱の滞在が可能になります。

一部の「のぞみ」「ひかり」が名古屋~京都間の所要時間短縮

岐阜羽島・米原に停車する「ひかり」にN700系を投入し、当該「ひかり」の所要時間を東京~新大阪間で3分程度短縮します。所要時間が短縮されるのは、東京発9~16時台33分発の下り「ひかり」と東京着10~22時台10分着の上り「ひかり」。また、この「ひかり」を名古屋~京都間で追い抜く後続の「のぞみ」も東京~新大阪間で所要時間を3分程度短縮。「ひかり」1本に対して「のぞみ」3本のスピードアップが可能なため、東京~新大阪間を2時間33分で結ぶ「のぞみ」が大幅に増加します。

山陽新幹線の一部「こだま」が所要時間短縮

山陽新幹線で、一部「こだま」の広島~博多間の所要時間を最大26分短縮し、速達化が進められます。

九州新幹線が減便

博多~熊本間の「さくら」(上下10本)が全廃。その他、「さくら」1本と「つばめ」1本が削減され、九州新幹線の1日あたりの運転本数は137本から125本に減少します。

N700系で運転する「ひかり」「こだま」の増加

東海道新幹線で700系からN700系への車両の置き換えが進み、最新型のN700系で運転される「ひかり」「こだま」の本数が大幅に増加します。定期列車の本数で見ると、N700系「ひかり」はこれまでの19本が39本に、N700系「こだま」は26本が41本に。東海道新幹線の定期列車312本のおよそ8割(243本)がN700系で運転されるようになります。

JR companies released the outlines of new service schedule changed in next spring. The revise date will be March 15, 2014. Tokaido Shinkansen starts "Ten-Nozomi Schedule". And increasing of the number of Mizuho service, fixing of Sakura stop stations, and reducing of travel times will lead Shinkansen service to be more convenient.

The major modifications are as follows.

New "Ten-Nozomi Schedule" on Tokaido Shinkansen

Tokaido Shinkansen starts new "Ten-Nozomi Schedule", which enables operating 10 Nozomi trains within an hour just about the whole day. Running "Nine-Nozomi Schedule" allows to operate westbound 10 Nozomi trains within an hour during 07:00 - 08:59 and 17:00 - 19:59. With "Ten-Nozomi Schedule", ten of westbound Nozomi can depart Tokyo hourly from 09:00 to 21:59 and the eastbound can arrive at Tokyo from 09:00 to 21:59, including extra services. During the busiest seasons, many extra trains will be set.

Increasing of Mizuho service

Two Sakura service, one to the west and the other to the east, are changed to Mizuho. The new Mizuho services are "Mizuho 607" (Shin-Osaka 16:59 → Kagoshima-Chuo 20:49) and "Mizuho 604" (Kagoshima-Chuo 08:56 → Shin-Osaka 12:44). With these, 12 Mizuho services, three to the west in the morning, the other three in the evening, v.v. , will be available in a day.

Adding to these new two, the first westbound one and the last eastbound one will newly stop at Himeji. They moves the first westbound service forward nine minutes and the last eastbound down by seven minutes. It will make the Shinkansen travel from the western part of Hyogo Pref. to Chugoku and Kyushu Area more useful. The four Himeji stopping Mizuho services are as follows.

  • Mizuho 601, Himeji d. 06:29 (Shin-Osaka 06:00 → Kagoshima-Chuo 09:48)
  • Mizuho 607, Himeji d. 17:29 (Shin-Osaka 16:59 → Kagoshima-Chuo 20:49) #new service
  • Mizuho 604, Himeji a. 12:15 (Kagoshima-Chuo 08:56 → Shin-Osaka 12:44) #new service
  • Mizuho 610, Himeji a. 23:08 (Kagoshima-Chuo 19:49 → Shin-Osaka 23:37)
Equalizing of Nozomi intervals at Hiroshima

The midday eastbound Nozomi services departing at Hiroshima will be in subequally 20-minute intervals. And "Nozomi 101" (Tokyo 07:40 → Hiroshima 11:41) and "Nozomi 160" (Hiroshima 07:18 → Tokyo 11:23) currently run on weekdays will be available every day.

Fixing of Nozomi and Sakura stop stations on Sanyo Shinkansen

More Nozomi trains stop at Tokuyama and more Sakura at Shin-Yamaguchi. At Tokuyama, 15 Nozomi trains will stop, five more than at present, and ten Sakura trains will stop, three less than at present. At Shin-Yamaguchi, 18 Sakura trains will stop, five more than at present, and 23 Nozomi trains will stop, five less than at present. The travels from Tokuyama to Kansai and Tokyo Area, and from Shin-Yamaguchi to Kyushu Area will be improved.

Fixing of Sakura stop stations on Kyushu Shinkansen

With the fixing of Sakura stop stations on Kyushu Shinkansen, all Sakura trains will stop at both of Shin-Tosu and Kurume. This makes roughly two kinds of Sakura, one stops at four stations of Shin-Tosu, Kurume, Kumamoto and Sendai between Hakata and Kagoshima-Chuo, and the other stops at these and all of the south of Kumamoto.

And Sakura trains, stopping at Chikugo-Funagoya, Shin-Omuta and Shin-Tamana, will be changed. Two eastbound service in the morning and one westbound in the evening will be available at these stations. The morning first Sakura and evening returning Sakura enable 8.5 - 10.5 hours stay at Hiroshima or 5.5 - 7.5 hours at Shin-Osaka within a day trip. Even the morning second Sakura provides seven hours stay at Hiroshima or four hours at Shin-Osaka.

Speed-up of some Nozomi and Hikari between Nagoya and Kyoto

Hikari trains stopping at Gifu-Hashima and Maibara cut their travel times between Tokyo and Shin-Osaka by about three minutes by introducing of Series N700. The speed-up trains are westbound services departing Tokyo hourly from 09:33 to 16:33 and eastbound services arriving from 10:10 to 22:10. And Nozomi trains, getting ahead of those Hikari trains between Nagoya and Kyoto, are also able to reduce their travel time by about three minutes. Because one Hikari makes three Nozomi to cut their times, the number of Nozomi trains connecting Tokyo and Shin-Osaka within two hours and 33 minutes will be increased.

Cut-down of some Kodama train's travel time on Sanyo Shinkansen

On Sanyo Shinkansen, some Kodama train cuts its travel time by 26 minutes at a maximum between Hiroshima and Hakata.

Reducing of Kyushu Shinkansen service

The shuttle service of Sakura between Hakata and Kumamoto will be abolished totally. Additionally, one Sakura and one Tsubame services will also be suspended. The frequency of Kyushu Shinkansen will be reduced from 137 services a day to 125.

Increasing of Series N700 Hikari and Kodama

Because the replacement of Series 700 cars by N700 is going well, the number of Hikari and Kodama trains operated by N700 will greatly be increased. The regular Hikari operations by Series N700 are from 19 to 39, Kodama are from 26 to 41. 243 of 312 regular trains will be N700 as a whole of Tokaido Shinkansen.

詳細:JR東海 - 平成26年3月ダイヤ改正について (2013/12/20)JR西日本 - 平成26年春ダイヤ改正について (2013/12/20)JR九州 - 平成26年春ダイヤ改正 (2013/12/20)

関連記事:2013年春ダイヤ改正概要発表 (2012/12/29)