新幹線のトピックス

  • 超速報、2018年お盆の新幹線混雑予測

    お盆期間(2018/08/09~19)の混雑ピークは、当サイト「新幹線時刻表」のご利用状況の分析から、下りが08/11(土・祝)、上りが08/18(土)となることが見込まれます。

  • 「平成30年7月豪雨」に伴う新幹線代替輸送に関する情報

    「平成30年7月豪雨」によって、中国地方の在来線では引き続き多くの区間で運転を見合わせています。山陽本線と呉線の三原~海田市間、山陽本線の柳井~徳山間、岩徳線の全線での運転見合わせのため、三原~広島間と新岩国~徳山間で山陽新幹線による代替輸送が行われています。このうち、三原~広島間を含む区間では、朝夕に臨時「こだま」の運転や東広島への「ひかり」の臨時停車などの措置がとられています。

  • 豪雨被災地支援のため「こだま限定自由席片道きっぷ」発売

    「平成30年7月豪雨」における被災地支援のため、「こだま限定自由席片道きっぷ」が発売されます。これは、被災地でのボランティア活動をされた方が帰りに新幹線を利用しやすくするためのもの。岡山~徳山間の新幹線駅から新大阪駅まで「こだま」の普通車自由席が利用できる、片道タイプのきっぷです。

  • 東海道・山陽・九州新幹線でフリーWi-Fi提供開始

    07/25から、東海道・山陽・九州新幹線の車内において3路線共通の無料Wi-Fiサービスが提供されます。SSID(Wi-Fiのネットワーク名)は「Shinkansen_Free_Wi-Fi」。メールアドレスを登録するかSNSで認証を行えば、誰でも無料で利用が可能です。

  • 「平成30年7月豪雨」による中国地方在来線の運転状況

    「平成30年7月豪雨」によって、中国地方の交通機関が大きな影響を受けました。山陽新幹線は新大阪~博多間の全線ですでに運転を再開していますが、在来線は岡山県・広島県および周辺の広範囲にわたって多くの路線が運転を見合わせています。07/12時点での新幹線各駅からの接続在来線について、運転状況と運転再開の見込み時期をまとめました。