新幹線のトピックス

  • 2018年秋の臨時列車の運転概要

    JR各社から、秋(2018/10/01~11/30、61日間)の臨時列車の運転予定が発表されました。この季節も、需要見込みに応じて多数の臨時列車が運転されるようです。

  • 新神戸駅で新しい可動式ホーム柵を使用開始

    新神戸駅2番線(上りホーム)の新しい可動式ホーム柵が08/27(月)から使用されることが発表されました。この新しいホーム柵は、16両編成だけでなくドア位置の異なる8両編成の車両にも対応可能な、開口部の最大幅が約5.5mある大開口タイプです。

  • 豪雨被災地支援のため「こだま限定自由席片道きっぷ」再販

    「平成30年7月豪雨」における被災地支援のため、8月上旬まで販売されていた「こだま限定自由席片道きっぷ」が再度販売されます。これは、被災地でのボランティア活動をされた方が帰りに新幹線を利用しやすくするためのもの。岡山~徳山間の新幹線駅から新大阪駅まで「こだま」の普通車自由席が利用できる、片道タイプのきっぷです。

  • 広島発東広島行き臨時「こだま772」を運転

    「平成30年7月豪雨」によって中国地方の在来線の多くの区間で列車が運転できない状況となっている中で、山陽本線と呉線がいずれも不通となっている三原~広島間では山陽新幹線による代替輸送が実施されています。8月下旬から新学期が始まり、学生の利用増加が見込まれます。そのため、08/20(月)から朝の通勤・通学時間帯に広島から東広島に向かう臨時列車が運転されることになりました。

  • 2018年7月の当サイトのご利用状況

    当サイト「新幹線時刻表」の8月のご利用状況は、ユーザー数14万人、訪問数19万回、ページビュー51万回となりました。訪問数ベースで、PCからのご利用は25.2%、モバイル端末が69.2%、タブレット端末は5.6%でした。いつも「新幹線時刻表」をご利用いただき、ありがとうございます。