2018年春の臨時列車の運転概要

この記事は約22ヶ月前に作成されました。
photo by Samson Ng . D201@EAL

JR各社から、春(2018/03/01~06/30、122日間)の臨時列車の運転予定が発表されました。平日の朝夕や週末、ゴールデンウィーク期間(04/27~05/06)を中心に、多数の臨時列車が運転されるそうです。

特に東海道新幹線では、「のぞみ10本ダイヤ」(多く時間帯で1時間あたり定期・臨時合わせて10本の「のぞみ」を運転可能なダイヤ)を活用し、利用が集中する時期・時間帯に多くの臨時列車が設定されます。

期間中、東海道新幹線の1日あたりの運転本数は369本(122日間で45,054本、前年比102%)。ゴールデンウィーク期間(10日間)は、1日あたりの運転本数が388本(10日間で3,879本、前年比103%)となる予定です。

また、2015年11月から山陽新幹線で運転されている500系のエヴァンゲリオン新幹線こと「500 TYPE EVA」は、今年05/13をもって運転終了となるそうです。運転期間中、山陽新幹線の「500 TYPE EVA」は、以下の日程で運転される予定です。

「500 TYPE EVA」の運転日
(ご参考)01月:01~15、19~31
(ご参考)02月:01~06、10~28
03月:01~05、09~16・17~31(03/17以降、ダイヤ改正のため運転時刻変更)
04月:01、05、08~22、26~30
05月:01~13