2021年開業予定、熊本駅ビルの計画概要発表

photo by JR九州

熊本駅の白川口の南側に整備される駅ビルの概要が発表されました。2019年春から工事に着手し、2年後の2021年春に開業する予定です。

新たに整備される駅ビルは、敷地面積19,000m2で、延床面積は107,000m2(うち、商業店舗面積は37,000m2)。地上12階・地下1階建てで、専門店(1~6階)、飲食店(6・7階)、シネマコンプレックス(7・8階)、ホテル(9~12階)などが入居する予定です。専門店と飲食店が入る1~7階には、シンボルとなる「水と緑の立体庭園」が設けられます。この立体庭園を核として潤いの中に店舗を配置し、憩いと賑わいが感じられる空間が作られるそうです。ホテルはJR九州グループのプレミアム宿泊主体型ホテル「Blossom(ブラッサム)」で、客室数は200。結婚式場(多目的バンケット)も8階に併設されます。また、駅前広場側に設けられる大屋根の周辺では、様々なイベントや情報発信による賑わいの創出が予定されているとのこと。

駅ビルの地下と別棟には800台収容可能な駐車場を整備。近隣の「北立体駐車場」(500台)、西立体駐車場(800台)と合わせて、熊本駅周辺で進められている開発敷地全体で2,100台の駐車スペースが確保され、鉄道・路面電車・バスに加えて、車でも駅や駅ビルへアクセスしやすくなります。