エクスプレス予約最安「EX早特21」、9月発売

この記事は約4ヶ月前に作成されました。
photo by Ian Fisher

東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」が、09/02から往復割引の新設や早特の一新などのサービス充実により、さらに便利になります。このうち、「EX早特21」は、21日前までの予約をすると早朝(6時台)か昼間(11~15時台)の「のぞみ」に乗車できる、エクスプレス予約商品の中で最も割引率の高い商品です。たとえば、東京~新大阪間なら所定料金が14,450円のところ、3,450円(約23.8%)もお得な11,000円です。

「EX早特21」の概要

商品の名称:
EX早特21
利用期間:
2017/09/23(土)~ (通年)
販売期間:
2017/09/02(土)~ (通年)
※乗車日の21日前まで販売。
きっぷの効力:
出発駅から到着駅まで、「のぞみ」(乗車駅を6時台、11~15時台に発車する列車に限る)の普通車指定席を片道利用できます。
設定区間:
東京・品川・新横浜~名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・福山・新尾道・三原・東広島・広島・新岩国・徳山・新山口間
名古屋~小倉・博多間
価格(例):
東京~新大阪 [片道] 11,000円 (▲3,450円、約23.8%オフ)
東京~広島 [片道] 14,000円 (▲5,080円、約26.6%オフ)
名古屋~博多 [片道] 13,000円 (▲5,540円、約29.8%オフ)
利用条件:
「エクスプレス予約」会員のみ、この商品の購入が可能。会員以外でも利用が可能です。
販売箇所:
オンライン限定。「エクスプレス予約」から購入できます。
備考:
価格欄に表示の割引率は、通常期の「のぞみ」普通車指定席の運賃・料金との比較。
一度の操作で最大6名の予約が可能です。
会員本人が1名で利用する際は「EX-ICカード」等で乗車できます。それ以外の場合は事前に駅窓口で「きっぷ」を受け取る必要があります。
このきっぷで販売される座席は、列車ごとに数が限定されています。