「IC早特タイプ21」、5月分以降乗車分は通常価格へ

この記事は約4ヶ月前に作成されました。
photo by sntc06

21日前までの予約でエクスプレス会員(エクスプレス予約会員およびプラスEX会員)が「のぞみ」をお得な料金で利用できる「IC早特タイプ21」の販売が継続されています。4月乗車分はJR発足30周年を記念して特別価格で販売されていましたが、5月以降乗車分については、通常価格での販売となります。

利用できる方をエクスプレス会員本人に限定、利用できる区間を限定、利用できる列車を6時台と11~15時台発車のものに限定、販売期間をご旅行日の21日前までに限定。多くの制限を設けて、東京~新大阪間が11,000円(23.8%オフ)、名古屋~博多間が13,000円(29.9%オフ)など、かなりお得な金額を設定しています。

「IC早特タイプ21」の概要

きっぷの名称:
IC早特タイプ21
利用期間:
2017/05/01(月)~08/31(木)
販売期間:
2017/04/01(土)~08/10(木)
※乗車日の21日前まで販売。
きっぷの効力:
出発駅から到着駅まで、「のぞみ」(乗車駅を6時台、11~15時台に発車する列車に限る)の普通車指定席を片道利用できます。
設定区間:
東京・品川・新横浜~名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・福山・広島・徳山・新山口間
名古屋~小倉・博多間
価格(例):
東京・品川~新大阪 [片道] 11,000円 (▲3,450円、約23.8%オフ)
東京・品川~広島 [片道] 14,000円 (▲5,080円、約26.6%オフ)
名古屋~博多 [片道] 13,000円 (▲5,540円、約29.8%オフ)
利用条件:
「エクスプレス予約」「プラスEX」会員のみ、この商品の購入・利用が可能です。
販売箇所:
オンライン限定。携帯電話(スマートフォン利用可)かパソコンでエクスプレス予約のサイトから購入できます。
備考:
価格欄に表示の割引率は、通常期の「のぞみ」普通車指定席の片道運賃・料金との比較。
ご購入の際に、列車と座席が確定します。
EX-ICカードでの改札入場またはIC乗車票の受け取り前で、指定列車の発車時刻前であれば、日付や列車の変更が可能です。
このきっぷで販売される座席は、列車ごとに数が限定されています。
出発駅から到着駅までの直通列車のみ利用可能(乗り継ぎ不可)。