新大阪~博多間8,500円「こだまスーパー早特きっぷ」販売継続

この記事は約9ヶ月前に作成されました。
photo by tabibird

山陽新幹線の「こだま」をお得に利用できる「こだまスーパー早特きっぷ」が発売されます。乗車日の14日前まで、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」で購入できます。年間を通じての利用が可能なため、特に新幹線を利用する機会の多いお盆や年末年始等の繁忙期でも、早めにスケジュールを決めて予約できるならば、とても便利でお得なきっぷです。

設定区間は新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~小倉・博多間で、発売額はいずれも8,500円。時間のかかる長距離「こだま」の旅ですが、最大約43.3%オフと大変お得な価格設定になっています。新大阪~博多間を最速で結ぶ上り「のぞみ64」の所要時間2時間21分に対して、「こだま」の所要時間は4時間00分(こだま762)~5時間14分(こだま742・こだま746)なので、最速の「のぞみ64」よりも所要時間が1時間39分~2時間53分長くなることが分かります。新大阪~博多間の割引額6,500円をこれで割ると、延長される所要時間に対する時間単価は、およそ2,250~3,940円になります。

4~5時間の「こだま」の旅は長いものの、もともと「のぞみ」でも2時間以上を要する長距離の移動。所要時間の延びに対する時間単価が3,000円前後なので、これを安い(割引よりも時間が惜しい=「のぞみ」で移動すべき)とみるか高い(割引が魅力=「こだま」でも十分)とみるかは、それぞれの判断によりそうです。

「こだまスーパー早特きっぷ」の概要

きっぷの名称:
こだまスーパー早特きっぷ
利用期間:
2017/04/01(土)~2018/03/31(土)
販売期間:
2017/03/01(水)~2018/03/17(土)
※乗車日の14日前まで販売。
きっぷの効力:
出発駅から到着駅まで、直通する「こだま」の普通車指定席を片道利用できます。
設定区間と価格:
新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~小倉・博多 [片道] 8,500円 (▲5,310~▲6,500円、約38.4~43.3%オフ)
利用条件:
「e5489」会員のみ、この商品の購入・利用が可能です。
販売箇所:
オンラインか電話予約限定。オンラインの場合は、携帯電話かパソコンで「e5489」から購入できます。
備考:
価格欄に表示の割引率は、通常期の運賃・料金との比較。
予約後の日付、列車の変更はできません。
このきっぷで販売される座席は、列車ごとに数が限定されています。
出発駅から到着駅までの直通列車のみ利用可能(乗り継ぎ不可)。