九州新幹線6周年で「お隣ワンコインきっぷ」発売

この記事は約8ヶ月前に作成されました。
photo by Toshiharu Tani

九州新幹線(博多~鹿児島中央間)は、2011年3月に開業し、この春で6周年を迎えます。「日ごろのご愛顧への感謝の気持ちを込めて」(JR九州プレスリリースより抜粋)、「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」と「九州新幹線フリーパス」が販売されます。このうち「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」は、九州新幹線の「隣の駅」まで普通車自由席利用で片道500円で行ける、というきっぷです。

「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」は、博多~新鳥栖、新鳥栖~久留米……、川内~鹿児島中央というように、九州新幹線の博多~鹿児島中央間の11の隣接駅間について販売されます。隣接駅間の料金がもっとも安いのは新鳥栖~久留米間(1080円、うち運賃230円・自由席特急料金850円)で、もっとも高いのは新八代~新水俣間(2,080円、うち運賃840円・自由席特急料金1,240円)。これが、「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」なら、どちらも500円。新鳥栖~久留米間は53.7%オフ、新八代~新水俣間は75.6%オフです。

ふだんは在来線を使っている区間で、たまには新幹線を使ってみる。あるいは、降りたことのない隣駅まで新幹線で行ってみる。そんな“いつもと違った”九州新幹線の利用にぴったりのきっぷです。「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」のご利用期間は、九州新幹線全線開業日の03/12(日)限定です。

「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」の概要

きっぷの名称:
九州新幹線お隣ワンコインきっぷ
利用期間:
2017/03/12(日)
販売期間:
2017/02/12(日)~03/11(土)
※乗車日の前日まで販売。
きっぷの効力:
出発駅から到着駅(隣接駅)まで、九州新幹線の普通車自由席を片道利用できます。
設定区間:
九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の隣接駅間11区間
価格:
500円
販売箇所:
九州新幹線各駅、大牟田駅・玉名駅、JR九州旅行支店(博多・久留米・熊本・鹿児島)など
※各駅で販売するのは、その駅を発駅とするきっぷのみ。
※大牟田駅では新大牟田、玉名駅では新玉名と同じきっぷを販売。
備考:
このきっぷで、普通車指定席やグリーン車は利用できません。