2017年春のダイヤ改正概要発表

photo by tabi-o-ji.com

2017年3月に実施されるダイヤ改正の概要が、JR各社から発表されました。今回の改正日は2017/03/04(土)。東海道新幹線では、N700Aたの新車投入が進められたことにより、定期「のぞみ」「ひかり」全列車をN700Aタイプの車両で運転し、所要時間の短縮が図られることとなりました。また、山陽新幹線では新ATC導入にともなう所要時間の短縮が行われます。今年4月の熊本地震の影響により一部区間で徐行運転をしていた九州新幹線も、地震前と同じ所要時間で運転されるようになるそうです。

ダイヤ改正の主なポイントは以下のとおりです。

  • 東海道新幹線のすべての定期「のぞみ」「ひかり」をN700Aタイプの車両で運転
  • 「のぞみ」28本と「ひかり」23本の東京~新大阪間の所要時間を3分短縮
  • 山陽新幹線での新ATC導入にともなう所要時間の短縮と乗り心地の向上
  • 臨時「みずほ」を高い頻度で運転
  • 九州新幹線の熊本地震による徐行運転終了
  • 山陽新幹線と九州新幹線の直通列車の拡大
  • 「みずほ」「つばめ」の接続見直し
  • 通勤時間帯の「さくら」「つばめ」の自由席拡大

東海道新幹線のすべての定期「のぞみ」「ひかり」をN700Aタイプの車両で運転

2013年のN700Aデビュー以来、新車の増備と従来型N700系車両の改造(N700A化)が進められ、2017年3月のダイヤ改正時点ではN700Aタイプの車両が136編成(JR東海所属111編成、JR西日本所属25編成)揃います。これにより、すべての定期「のぞみ」(164本)、「ひかり」(65本)がN700Aタイプの車両により運転されることになりました。また、N700Aタイプが充当される「こだま」の本数も僅かに増えます。

ダイヤ改正以降は、東海道新幹線の定期列車の約9割が、快適性・環境性能に優れたN700Aタイプの車両による運転となります。

「のぞみ」28本と「ひかり」23本の東京~新大阪間の所要時間を3分短縮

日中時間帯において、下りの東京30分発・上りの東京13分着の「のぞみ」26本の所要時間が、東京~新大阪間で3分、東京~博多間で6分程度短縮されます。所要時間が短縮されるのは、東京駅基準で7~19時台(毎時30分)発の下り「のぞみ」13本と、10~22時(毎時13分)着の上り「のぞみ」13本。いずれも東京~新大阪間の所要時間が2時間36分から2時間33分に短縮されるものです。

これにより、日中時間帯で東京~新大阪間の所要時間が2時間33分より長いのは、下り東京53分発(所要2時間37分)と上り東京50分着(所要2時間37分)の1時間あたり1往復ずつとなる見込みです。

また、早朝の「のぞみ3」「のぞみ206」の所要時間が東京~新大阪間で3分短縮されます。

「ひかり」についても、日中時間帯の下り東京03分発・上り東京40分着の23本の所要時間が、東京~新大阪間で3分、東京~岡山間で一部の列車を除き1~6分短縮されます。所要時間が短縮されるのは、東京駅基準で7~17時台(毎時03分)発の下り「ひかり」11本と、11~22時(毎時40分)着の上り「ひかり」12本。

所要時間を短縮する日中「のぞみ」の例

のぞみ17
【改正前】東京 08:30 → 新大阪 11:06 → 博多 13:39
【改正後】東京 08:30 → 新大阪 11:03 → 博多 13:33 (新大阪まで3分、博多まで6分短縮)
のぞみ20
【改正前】博多 10:04 → 新大阪 12:37 → 東京 15:13
【改正後】博多 10:10 → 新大阪 12:40 → 東京 15:13 (博多から6分、新大阪から3分短縮)

所要時間を短縮する早朝「のぞみ」の例

のぞみ3
【改正前】東京 06:16 → 新大阪 08:43 → 博多 11:15
【改正後】東京 06:16 → 新大阪 08:40 → 博多 11:10 (新大阪まで3分、博多まで5分短縮)
のぞみ206
【改正前】新大阪 06:40 → 東京 09:13
【改正後】新大阪 06:63 → 東京 09:13 (博多から6分、新大阪から3分短縮)

所要時間を短縮する日中下り「のぞみ」(見込み情報)

  • のぞみ11 (東京 07:30 → 新大阪 10:03 → 博多 12:33) [見込み]
  • のぞみ17 (東京 08:30 → 新大阪 11:03 → 博多 13:33)
  • のぞみ21 (東京 09:30 → 新大阪 12:03 → 博多 14:33) [見込み]
  • のぞみ25 (東京 10:30 → 新大阪 13:03 → 博多 15:33) [見込み]
  • のぞみ29 (東京 11:30 → 新大阪 14:03 → 博多 16:33) [見込み]
  • のぞみ33 (東京 12:30 → 新大阪 15:03 → 博多 17:33) [見込み]
  • のぞみ37 (東京 13:30 → 新大阪 16:03 → 博多 18:33) [見込み]
  • のぞみ41 (東京 14:30 → 新大阪 17:03 → 博多 19:33) [見込み]
  • のぞみ45 (東京 15:30 → 新大阪 18:03 → 博多 20:33) [見込み]
  • のぞみ49 (東京 16:30 → 新大阪 19:03 → 博多 21:33) [見込み]
  • のぞみ55 (東京 17:30 → 新大阪 20:03 → 博多 22:33) [見込み]
  • のぞみ123 (東京 18:30 → 新大阪 21:03 → 広島 22:35) [見込み]
  • のぞみ127 (東京 19:30 → 新大阪 20:03 → 岡山 22:54) [見込み]

※「見込み」はプレスリリースの内容により当サイトにて同様の変更があると見込んだ列車。

所要時間を短縮する日中上り「のぞみ」(見込み情報)

  • のぞみ212 (新大阪 07:40 → 東京 10:13) [見込み]
  • のぞみ2 (博多 06:08 → 新大阪 08:40 → 東京 11:13) [見込み]
  • のぞみ6 (博多 07:10 → 新大阪 09:40 → 東京 12:13) [見込み]
  • のぞみ12 (博多 08:10 → 新大阪 10:40 → 東京 13:13) [見込み]
  • のぞみ16 (博多 09:10 → 新大阪 11:40 → 東京 14:13) [見込み]
  • のぞみ20 (博多 10:10 → 新大阪 12:40 → 東京 15:13)
  • のぞみ24 (博多 11:10 → 新大阪 13:40 → 東京 16:13) [見込み]
  • のぞみ28 (博多 12:10 → 新大阪 14:40 → 東京 17:13) [見込み]
  • のぞみ32 (博多 13:10 → 新大阪 15:40 → 東京 18:13) [見込み]
  • のぞみ36 (博多 14:10 → 新大阪 16:40 → 東京 19:13) [見込み]
  • のぞみ42 (博多 15:10 → 新大阪 17:40 → 東京 20:13) [見込み]
  • のぞみ48 (博多 16:10 → 新大阪 18:40 → 東京 21:13) [見込み]
  • のぞみ54 (博多 17:10 → 新大阪 19:40 → 東京 22:13) [見込み]

※「見込み」はプレスリリースの内容により当サイトにて同様の変更があると見込んだ列車。

所要時間を短縮する日中「ひかり」の例

のぞみ461
【改正前】東京 07:30 → 新大阪 10:03 → 岡山 11:23
【改正後】東京 07:30 → 新大阪 10:00 → 岡山 11:17 (新大阪まで3分、岡山まで6分短縮)
のぞみ206
【改正前】岡山 08:22 → 新大阪 09:40 → 東京 12:40
【改正後】岡山 08:24 → 新大阪 09:43 → 東京 12:40 (岡山から2分、新大阪から3分短縮)

山陽新幹線での新ATC導入にともなう所要時間の短縮と乗り心地の向上

山陽新幹線での新しいデジタルタイプのATCの仕様にともない、新大阪~博多間で「のぞみ」「みずほ」は平均1分、「こだま」は平均約15分の所要時間短縮が図られます。これにより、東京~博多間を最速で結ぶ「のぞみ64」の所要時間(最短記録)も更新され、現行より1分短い4時間46分になります。また、列車のスピードを滑らかに落とすデジタルタイプのATCが導入されることにより、乗り心地が向上するそうです。

なお、デジタルタイプのATCは、東海道新幹線と九州新幹線では既に導入済みです。

臨時「みずほ」を高い頻度で運転

定期「みずほ」6往復に加え、臨時「みずほ」2往復が高頻度で運転され、1日8往復“程度”の運転となります。

下り「みずほ」の時刻

  • みずほ601 (新大阪 06:00 → 博多 08:28 → 鹿児島中央 09:46)
  • みずほ603 (新大阪 07:53 → 博多 10:17 → 鹿児島中央 11:37)
  • みずほ605 (新大阪 08:59 → 博多 11:25 → 鹿児島中央 12:43)
  • 臨時 みずほ615 (新大阪 10:20 → 博多 12:50 → 鹿児島中央 14:14)
  • みずほ607 (新大阪 16:52 → 博多 19:22 → 鹿児島中央 20:41)
  • みずほ609 (新大阪 17:57 → 博多 20:22 → 鹿児島中央 21:42)
  • 臨時 みずほ619 (新大阪 18:52 → 博多 21:25 → 鹿児島中央 22:43)
  • みずほ611 (新大阪 19:59 → 博多 22:22 → 鹿児島中央 23:40)

上り「みずほ」の時刻

  • みずほ600 (鹿児島中央 07:03 → 博多 08:21 → 新大阪 10:48)
  • みずほ602 (鹿児島中央 08:02 → 博多 09:24 → 新大阪 11:48)
  • みずほ604 (鹿児島中央 09:02 → 博多 10:20 → 新大阪 12:48)
  • 臨時 みずほ614 (鹿児島中央 11:25 → 博多 12:45 → 新大阪 15:24)
  • 臨時 みずほ616 (鹿児島中央 14:35 → 博多 15:57 → 新大阪 18:24)
  • みずほ606 (鹿児島中央 15:59 → 博多 17:18 → 新大阪 19:47)
  • みずほ608 (鹿児島中央 18:04 → 博多 19:25 → 新大阪 21:47)
  • みずほ610 (鹿児島中央 19:51 → 博多 21:09 → 新大阪 23:37)

九州新幹線の熊本地震による徐行運転終了

今年4月に発生した熊本地震の影響により熊本~新八代間で徐行運転をおこなっていた九州新幹線ですが、ダイヤ改正に合わせて徐行を解除できるようになりました。徐行運転の終了により所要時間は5分短縮され、地震の前と同じになります。

山陽新幹線と九州新幹線の直通列車の拡大

博多で乗り継ぎが必要だった山陽新幹線と九州新幹線の列車を直通化し、全体の所要時間を大幅に短縮することになりました。朝の「こだま821」と「さくら405」を直通列車とすることで、広島から各駅への所要時間を約30分短縮。夜の「のぞみ55」(新大阪~博多間)と「つばめ357」を直通列車とすることで、新大阪から各駅への所要時間が約30分短縮されます。

また、「つばめ306」が熊本~小倉間で運転されます。

【改正前】
こだま821 (広島 06:05 → 博多 07:36)
さくら405 (博多 07:49 → 鹿児島中央 09:30) ※博多で13分乗り継ぎ、広島から3時間25分
【改正後】
さくら451 (広島 06:43 → 鹿児島中央 09:33) ※所要時間を35分短縮、広島から2時間50分
【改正前】
のぞみ55(新大阪~博多間) (→ 新大阪 20:09 → 博多 22:39)
つばめ357 (博多 23:08 → 熊本 23:56) ※博多で29分乗り継ぎ、新大阪から3時間47分
【改正後】
さくら573 (新大阪20:09 → 熊本 23:34) ※所要時間を22分短縮、新大阪から3時間25分

「みずほ」「つばめ」の接続見直し

「つばめ353」の熊本発車時刻が22:40から23:00に変更されます。これにより、熊本着22:56の「みずほ611」からの乗り継ぎが可能となり、新八代~川内間の各駅を利用する方の新大阪・博多での滞在時間が拡大します。

「みずほ611」から「つばめ353」への乗り継ぎ

  • みずほ611 (新大阪 19:59 → 熊本(着) 22:56 → 鹿児島中央 23:40)
  • つばめ353【改正前】 (博多 21:51 → 熊本(発) 22:40 → 鹿児島中央 23:42) ※熊本で「みずほ611」から乗り継ぎ不可
  • つばめ353【改正後】 (博多 22:03 → 熊本(発) 23:00 → 鹿児島中央 23:56) ※熊本で「みずほ611」から乗り継ぎ可能

通勤時間帯の「さくら」「つばめ」の自由席拡大

平日通勤時間帯の下り「さくら」「つばめ」の自由席が拡大され、着席しやすくなります。また、N800系8両編成車両の4・5号車は1~3号車(自由席用車両)よりも座席が広く作られているため、車両を選ぶとより快適な通勤が可能になります。

自由席が拡大される「さくら」「つばめ」

さくら401 (博多 06:45 → 鹿児島中央 08:20、N700系8両編成)
【改正前】1~3号車(240席)
【改正後】1~4号車(320席) ※4号車が座席の広い車両
さくら403 (博多 07:21 → 鹿児島中央 08:57、N700系8両編成)
【改正前】1~3号車(240席)
【改正後】1~4号車(320席) ※4号車が座席の広い車両
つばめ337 (博多 17:58 → 熊本 18:47、800系6両編成)
【改正前】1~3号車(198席)
【改正後】1~4号車(270席)
つばめ355 (博多 23:10 → 熊本 23:59、N700系8両編成)
【改正前】1~3号車(240席)
【改正後】1~5号車(392席) ※4・5号車が座席の広い車両

週末のお出かけに便利な「さくら」の運転

土曜や日曜・祝日に臨時「さくら」が運転されます。

週末に運転される下り臨時「さくら」

  • さくら373 (博多 10:25 → 鹿児島中央 12:00) ※土曜に運転

週末に運転される上り臨時「さくら」

  • さくら372 (鹿児島中央 08:33 → 博多 10:08) ※土曜、日曜・祝日に運転
  • さくら388 (鹿児島中央 14:55 → 博多 16:19) ※日曜・祝日に運転