新しいチケットレスサービス、2017年夏登場予定

この記事は約561ヶ月前に作成されました。
photo by tabi-o-ji.com

2017年夏を目標に、東海道・山陽新幹線に新しいチケットレス・サービスが導入されることが発表されました。エクスプレス会員(エクスプレス予約サービス、プラスEXサービス会員)以外でも、スマートフォンによる指定席の予約・購入やICカードを使用したチケットレス乗車ができるようになります。

この新しいチケットレス・サービスは、SuicaやTOICA、ICOCAといった交通系ICカードとクレジットカードを使用したサービス。スマートフォンやPCからクレジトカードと交通系ICカードを登録し、スマートフォンの画面からクレジットカード決済できっぷを購入して、登録した交通系ICカードを改札機にかざすことで窓口に並ぶことなく新幹線に乗車することができます。

この初回のクレジットカードと交通系ICカード登録作業は、両カードの紐付けを行うもの。これにより、クレジットカードによるきっぷの決済と交通系ICカードによる乗車管理を可能になります。少し具体的な表現をすると、手持ちのクレジットカード(カード番号:xxxx-xxxx-xxxx-xxxx)で東京~新大阪間のきっぷを購入した佐藤さんが新幹線の駅で交通系ICカードを改札機にかざすと、改札機は「このICカードは、カード番号xxxx-xxxx-xxxx-xxxxのクレジットカードで東京~新大阪間のきっぷの支払いを完了している人のものだから、新幹線に乗車OK!」という判定をして、改札通路を開けてくれるわけです。(※JR東海、JR西日本のプレスリリースにはそこまで書かれていはいませんが、現時点で発表されている情報を総合すると、おおよそそういったものかと推測されます。)

クレジットカードと交通系ICカードの登録は、とても簡単。クレジットカード会社への申し込みは不要で、チケットレス・サービスの年会費も無料だそうです。利用可能なクレジットカードのブランドは、VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ。交通系ICカードは全国相互利用対象のカード(Suica、TOICA、ICOCA等)であれば利用可能です。

エクスプレス予約なら会員割引で新幹線のきっぷが購入できますが、報道によると、このサービスで購入するきっぷの価格は、窓口や券売機での発売額と同額となる見込みのようです。それでも、専用のクレジットカードを持つ必要がなく、年会費も無料で、スマートフォンでの指定席予約やICカードを使用したチケットレス乗車といった、エクスプレス予約と同等の利便性が提供される点で、非常に便利なサービスになりそうです。「エクスプレス会員になるほどではないけど」というライトユーザ層の取り込みを行い、そのうち一定数のエクスプレス会員への移行を目論んだものとも推測されます。また、訪日外国人旅行客による利用も見込んでいるとのこと。

なお、利用区間は東海道・山陽新幹線(東京~博多間)。博多から先の九州新幹線では利用できません。

この新しいチケットレス・サービスの詳しい利用条件等については、後日(サービス開始前に)発表されるそうです。