新幹線のトピックス

  • 東海道新幹線「こだま」の指定席拡大、3月から

    tabi-o-ji.com

    3月から、東海道新幹線の一部「こだま」で指定席が拡大されることが発表されました。対象となるのは、指定席が混雑する、東京を午前中に発車する下り「こだま」11本(※うち3本は土曜・休日のみ)。16両編成中11・12・16号車(合計238席)を指定席車両としていたところ、13号車も新たに指定席として、11~13・16号車の4両(合計328席)が指定席車両となります。

  • プラレールカー、8月まで運行期間延長

    hirox3

    山陽新幹線「こだま」の500系車両を「プラレールの世界」に改造した「プラレールカー」の運転が、当初の予定(3月まで)を超えて8月まで延長されることが発表されました。

  • ドクターイエロー運転日の傾向と対策

    tutuyayaya

    当サイトを訪問される方にワリと多い検索ワードが「ドクターイエロー 時刻表」と「ドクターイエロー 運転日」。東海道新幹線区間(東京~新大阪間)の「のぞみ検測(下り・上り)」「こだま検測(下り)」「こだま検測(上り)」については、運転時刻の推定を行いました。一方で、運転日については、これまで触れたことがありませんでした。そこで、今回は2014/03/15のダイヤ改正以降、2014年中のドクターイエローの運転日(検測日)を振り返りながら、その傾向と対策について考えてみたいと思います。

  • 「若トク早特きっぷ」、29歳以下限定で今春も販売

    ITU Pictures

    昨年夏に販売され好評だった「若トク早特きっぷ」が、2~3月のご旅行用に再登場します。このきっぷは、新大阪・新神戸~小倉・博多間の片道が、29歳以下に限りお得な料金で利用できるもの。利用できる列車は、上下各5本(計10本)限定です。「若トク早特きっぷ」は、JR西日本のオンライン予約システム「e5489」で01/29(木)から販売されます。

  • 京都駅でホーム可動柵使用開始、01/15から

    tabi-o-ji.com

    JR東海は、ホーム上の安全性をさらに向上させるため、「のぞみ」停車駅でのホーム可動柵の設置を進めています。現在、東京、品川、新横浜、熱海、名古屋、新大阪の各駅では可動柵が既に(一部のホームに)設置されています。