新幹線のトピックス

  • 超速報、2017-18年末年始の新幹線混雑予測

    年末年始(2017/12/28~2018/01/04)の混雑ピークは、当サイト「新幹線時刻表」のご利用状況の分析から、下りは12/29(金)・30(土)、上りは01/03(水)となることが見込まれます。これらは当サイト独自の調査・分析によるもので、JRの公式発表データではありません。実際の指定席券の販売状況にもとづいたJR各社によるピーク予測は、昨年は12/15に発表されており、今年も近日中にデータが公表される見込みです。

  • JR西日本の2018年版元旦乗り放題きっぷ発売

    JR西日本全線と智頭急行線全線、JR西日本宮島フェリーが2018年の元日(01/01)限定で乗り降り自由な「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018」が発売されます。山陽新幹線(新大阪~博多間)や北陸新幹線(金沢~上越妙高)、在来線の特急も利用可能。旅行中に普通車指定席を6回(6列車)利用できる「普通車用」の他、グリーン車(または普通車指定席)を6回(6列車)利用できる「グリーン車用」も設定されています。

  • 岡山への通勤・通学に「モーニング500/300」登場

    福山や新倉敷から岡山への通勤・通学で、新幹線をお得に使える回数券タイプの特急券が発売されます。福山から岡山へは、1枚あたり500円の「モーニング500」、新倉敷から岡山へは、1枚あたり300円の「モーニング300」。これらをお手持ちの磁気定期券と組み合わせることにより、朝の岡山方面行きの「ひかり」「こだま」に乗車することができます。

  • ドクターイエロー、2017年12月の運転日予報

    毎月恒例の「ドクターイエローの運転日予報」、今回は2017年12月分。ドクターイエローによる「のぞみ検測」の実施日を、過去の検測日の日付や曜日の偏りをもとに推測し、予報を作成します。なお、この記事において作成した“予報”は、一連の計算による推定値です。ドクターイエローの運転日を確約するものではありませんのでご注意ください。

  • 新鳥栖~新大牟田間でトンネル内携帯電話通信サービス開始

    九州新幹線の新鳥栖~新大牟田間にある3つのトンネル(総延長約2.3km)において、携帯電話の通話環境が改善されます。12/01(金)の始発列車からは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)の携帯電話による音声通話とデータ通信が可能になることが発表されました。これらの会社の電波を利用するMVNOの通信機器でも通信ができるようになります。