東海道新幹線のご案内

東海道新幹線の概要

東京~新大阪間(515.4km)を最短2時間25分で結ぶ新幹線です。途中に新横浜、名古屋、京都など15の駅があります。最速達タイプの「のぞみ」、速達タイプの「ひかり」、各駅停車タイプの「こだま」が、1日平均338本(2014年4~6月の平均値)運転されています。一部の「のぞみ」「ひかり」が、新大阪から先の山陽新幹線へ直通運転しています。

東海道新幹線の列車と停車駅

  • 東京からの
    所要時間目安(分)
    のぞみ
    ひかり
    こだま
  • 東京
    0
    6
    6
    6
  • 品川
    6
    11
    11
    11
  • 新横浜
    18
    82
    15
    15
  • 小田原
    34
    8
  • 熱海
    39
    7
  • 三島
    44
    18
    10
  • 新富士
    54*
    12
  • 静岡
    1h03
    21
    14
  • 掛川
    1h17*
    11
  • 浜松
    1h29
    12
    12
  • 豊橋
    1h23
    20
    14
  • 三河安城
    1h37*
    12
  • 名古屋
    1h41
    35
    10
    10
  • 岐阜羽島
    1h51*
    13
    13
  • 米原
    2h07*
    20
    20
  • 京都
    2h17
    13
    13
    13
  • 新大阪
    2h33

の図は、東海道新幹線の各駅と停車する列車をまとめたものです。駅名の枠内に「」印がある場合は大半の列車が停車しますが、「」印の列車は大半が通過します。駅間の数字は当該駅間の所要時間の目安です。「所要時間の目安」欄に「*」印がある場合は、途中での乗り換えが必要です。また、表示している時分は乗り換え時間を含みません。

最速達タイプの「のぞみ」は、1日平均188本。全列車が東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪に停車します。4割程度が新大阪行き・新大阪始発で、その他6割強の「のぞみ」が山陽新幹線へ直通しています。最も長い距離を走行するのは、東京~博多間の「のぞみ」で、1日あたり90本あります。

速達タイプの「ひかり」は、1日平均64本。全列車が「のぞみ」停車駅である東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪に停車し、列車ごとにその他の駅へ追加で停車します。東京~新大阪間で「ひかり」が全く停車しない駅は、新富士、掛川、三河安城の3駅のみです。6割程度が東京~新大阪間の運転で、4割弱が山陽新幹線へ直通しています。最も長い距離を走行するのは、新横浜発広島行き、広島発東京行きの「ひかり」で、1日あたり2本(いずれも早朝に設定、東京行きは広島~新大阪間各駅停車)あります。

「のぞみ」停車駅を除いて、最も多くの「ひかり」が停車するのは静岡で、それに浜松、岐阜羽島、米原の各駅が続きます。これらの駅には、2本に1本以上の「ひかり」が停車しますが、基本的に、静岡・浜松に停車する「ひかり」は岐阜羽島・米原を通過、岐阜羽島・米原に停車する「ひかり」は静岡・浜松は通過するようです。その他、小田原、豊橋に停車する「ひかり」は全体の2割程度、熱海・三島に停車する「ひかり」は2割未満となっています。

各駅停車タイプの「こだま」は、1日平均83本。全列車がすべての駅に停車します。3.6割程度が東京~新大阪間、およそ4割が東京~名古屋間での運転。山陽新幹線へ直通する「こだま」はありません。東京~三島・静岡・浜松間、三島・静岡・名古屋~新大阪間で運転される列車も、1日数本ずつあります。